FC2ブログ

【My Profile】 

I am middle age man loving various music(Led Zeppelin, Incognito, John Coltrane etc.), science fiction and Japanese literature(Robert A Heinlein, Ray Bradbury, Kyusaku Yumeno etc.), scrap and build PCs. In my young years I skied every weekend, of course in winter only. My main PC's OS is Ubuntu Studio and subs are Windows7, Arch Linux etc. And I sometime play Electric Bass. My 1st. girl is the Seymour Duncan Alder Jazz Bass.

Thanks.

My Profile Links
 http://cobo4u.g1.xrea.com/
 https://twitter.com/cobocobo
 http://www.lastfm.jp/user/cobo4u
 http://mixi.jp/show_profile.pl?id=719845


スポンサーサイト



S/PDIFケーブル交換(続編) 

先日S/PDIFケーブルを光から同軸に変更したと書きましたが,結局光に戻してしまいました.光のほうが力強さはないのですが音に透明感があるのです.あと楽器の分離度も良いですし.まあ僅かな違いで心理的なものなのかもしれませんが.こういう判断になりました.あと光だとPCとDACのグランドが分離されるのが良いです.


Oblivion_Stutter_Remover,Oblivion XP,Oblivion Reloadedの設定 

また久しぶりに何周目かのOblivionをやっております.今回は少しmodを入れ替えたのですが詳細は後日.取り敢えずOblivion_Stutter_Remover.ini の設定をいじって何となく安定しているのでメモ.

bReplaceHeap = 1
fExtraSleepPercent = 0.00
iHeapAlgorithm = 2 6
iHeapSize = 640 550

あと,Oblivion XPを今回のプレイで導入してみました.レベルアップがよくあるRPGのように経験値システムになるmodです.設定ファイルをデフォルトからちょっといじったのでメモ.

Set ObXPSettings.multXPNeeded to 2 1.5 ; 1

これはレベルアップ速度を調整するパラメータです.デフォルトの1では成長が早すぎてゲームがイージーモードになってしまうので少し遅くしたほうが良いです.私の感覚では2~3程度にするのが良い気がします(整数でなくても可).但し,OOOを導入している場合は1〜2程度で良いと思います.なおこちらのサイトに設定例がいろいろ記載されていますのでご参考までに→http://forums.bethsoft.com/topic/1514225-relz-oblivion-xp-update-thread-8/

Oblivion Reloadedも導入しました.画像処理が非常に重たくなるので注意が必要です.以下の箇所を変更しました.

FoV = 0
SaveSettings = 1
CombatMode = 0
CameraMode = 0
SleepingMode = 0

Fov(視野角)は他の専用modで設定した方が良いようです.SaveSettingsは1にしないとOption-Videoなどでの水面表示などの設定が保存されないようです.CombatMode,CameraModeはバグがあるので使用しないほうが良いみたいです.SleepingModeは0にしておかないと待機ができません.これを1しないと睡眠時のアニメーションがなくなりますが,他の専用modで対応して下さい.

またこの時oblivion.iniの以下の項目も変更しておくそうです.
bAllow30Shaders=1
bUseWaterDisplacements=0

Oblivion Reloadedに関しては,「【OBLIVION】 OBLIVION Reloaded 導入編」に詳しい説明があります.


Ryzen7導入 

LinuxマシンのUSB3.0チップがお亡くなりになりデータのバックアップに支障が出るようになったので急遽Ryzen1700マシンを組み立てました.あとケースが手狭になったのでケースも大きめの交換.元の使っていたのはFX-8150のマシンです.購入パーツは以下の通り.

・ケース Fractal Design Define R5 FD-CA-DEF-R5-WT
・CPU AMD Ryzen 7 1700 BOX
・CPUクーラー サイズ 虎徹 MarkII SCKTT-2000
・マザボ ASUS PRIME B350-PLUS
・メモリ crucial W4U2400CM-8G
・S/PDIFブラケット

001_20180123152957a8a.jpg


本当はケースも窓なし,メモリも8GBで良かったのだけど購入した日はどこも在庫切れ.いつ入荷するかもわからなかったので窓ありケース,メモリ16GBを買ってしまいました(購入した数日後に両方とも在庫復活してました.タイミングわりー).残りのパーツは前のPCからの流用です.こういうことができるのが自作の素晴らしいところ.

んで出来上がったものはこんな感じ.窓がついていつのですこーし配線をキレイにしてみました.すこーしね.今のところは派手は電飾パーツは付いていません.マザーボードのLEDがゆっくり点滅するくらいです.

002_20180123152958c26.jpg

そしてこのケースの静音性ですが,バッチリです! 机下に転がしておけばファンなどの動作音は全く聞こえません.Windowsマシンの方はAntecのケースを使っているのですが,こっちはわずかにファンの風切り音が聞こえます.

それにしてもRyzenはやはり評判通りに素晴らしいです.オーバークロックは3.9GHzまで行きました.カーネルのビルド今までの倍の16スレッドが走るので所要時間は約半分の4分程度で終了します.ウェッブを観ている時もFX-8150では10%くらいCPUパワーを使っていたのですが,Ryzen1700では数%で済んでいます.

あー,これでWindowsマシンも今春に出るRyzen2000シリーズで組み立て直したくなってきました.お財布と相談ですね(笑)


S/PDIFケーブル交換 

PCからDACに接続するS/PDIFケーブルを光ケーブルから同軸ケーブルに交換してみました.同軸ケーブルはオーディオテクニカのGoldLinkシリーズのものです.そしたら音に厚みが増し,まろやかな感じになり録音が悪くて聴くのが辛かった盤も聴きやすくなりました.オーディオ好きの皆さんがデジタルケーブルに同軸を使う理由もわかりました.こちらの方が音が良いです.

RCAケーブル交換 

スピーカーケーブルの交換成功に味を占め,今度はDAコンバーターとメインアンプをつなぐRCAケーブルもゾノトーンのSILVER GRANSTER AC 1001A SGSAC1001Aに交換してみました.交換の前のケーブルも安物ではなくオーディオテクニカのエントリークラスの悪くないケーブルでしたがゾノトーンのこれに変えてからは高音が綺麗に上まで伸びるようになりました.但しスピーカーケーブル交換時ほどの変化ではないです.でも悪くない変化なのでしばらくこれを使ってみようと思います(下の写真の青いケーブルです).

001_20170926.jpg




Stax SRS-3100 買っちゃいました 

いやー,先月買っちゃいました.いつかは体験したいと思っていたコンデンサ型ヘッドホン.そうそう普通のヘッドホンはダイナミック型と言ってヘッドホン端子に端子を指すだけで音が出ますが,コンデンサ型は駆動用の電源回路が必要なのです.ちょうどカラオケとかで使う普通のダイナミック型マイクとレコーディングなんかで使われるコンデンサ型マイクと同じ関係ですね.

んで,コンデンサ型は安いモデルはありません.今回はコンデンサ型ヘッドホンの老舗メーカStaxのエントリーモデルを購入しましたが,それでも本体と専用ドライバで約7万円のお買い物でした.ダイナミック型ヘッドホンのハイエンドクラスの価格帯ですね.

写真の左型がヘッドホン本体,中央の緑のLEDが光っているシルバーの筐体が専用ドライバ兼電源装置,右は以前からメインのヘッドホンとして使っているオーテクのATH-AD1000です.

んで音の方ですがまだエージングが完全に終わっていない感がありますが,普通に良い音です.まあ好みの問題になりますがイコライザーで50Hzくらいをちょいと持ち上げて重低音とちょっと足しただけでとても満足のいく音が出ます.分解能も十分ですし,音の定位,奥行き感も良い感じです.ちなみにコンデンサ型ヘッドホンの周波数帯域はDC(0Hz)からあるのでいくらでも低い周波数を持ち上げられます.まあ30Hzとかになると単なる振動になってしますますがね.

あと,これレビューでは側圧が強いと書かれていまして確かに強いのですが,耳たぶの部分がすっぽり空洞になっている構造になっていて長時間使っていても耳たぶが痛くなりません.これは良いです.

StaxHP.jpg


ということで,3万円くらいのダイナミック型のヘッドホンに飽きたら一気にコンデンサ型に跳んでみるというのも面白いチョイスだと思いますよ.ちなみにStax社のハイエンドモデルは30万円超です(^^;