DAC用DC安定化電源を作ってみた 

PCからのデジタル信号はDAC兼ヘッドホンアンプ兼プリンアンプのDR DAC2 DX(オペアンプ交換済み.詳細はこちら)を使ってヘッドホンなりパワーアンプを鳴らしているわけですが,こいつの電源が付属のスイッチングACアダプタと非常に心許ない.一応スイッチングノイズ対策のため大きめのフェライトコアにケーブルを二重巻きにして使っておりますが,やはりノイズの少ないリニアレギュレータの電源を使ってみたいと思い,製作することにしました.

まあ世の中には便利な品物がありまして,プリント基板と使用パーツがまとめて手に入る秋月電子通商の「大容量出力可変安定化電源キット(K-00096)」を組み立ててDR DAC2 DX用の15V/2AのDC電源とすることにしました.本来ならばAC100Vからトランス→ブリッジダイオードを使ってリニアレギュレータの入力電源にするのが普通でしょうが,AC100Vを扱うのは個人的に怖いので(笑)同じく秋月電子で手に入る19V/3.4A出力のスイッチングACアダプタをリニアレギュレータの入力電源とすることにしました.ここから約4V電圧降下させてキレイなDC15Vを出力させるわけです.

組立の方は,付属の説明書に記載されている通り「製作そのものは非常に簡単ですので詳しい説明は省略します」です(汗).まあコンデンサやダイオードの+/-さえ間違えなければ初心者の方でもスンナリ組み立てられるでしょう.特にコンデンサは極性を間違えると煙を噴いて死んでしまうのですぐにミスがわかります(笑)

というわけで完成したものがこちらです.

P4270185x30.jpg


動作確認用に電流制限用の抵抗を使うこと無く取り付けるだけで光る定電流素子付きLEDを付けてみました.でもまあちょっと明るすぎました(^^;

そして実機に接続して動作確認です.使用中はこんな感じ.赤色LEDが妖しく光っています.

UsingPowerSupply01.jpg


ケースにも入れずに剥き出しっちゅうのもなんなんですが,まあ周りにショートさせるものもないし基本的にここに据え置きなのでまあ大丈夫かなと.あとケーブルがゴチャゴチャしてますが,ほとんどのものが普段通電させてないのでノイズなどの心配もないかなと(整理整頓は大切→me).

でDACとパワーアンプの電源を投入したところ問題なく動作しました.DC電源の放熱板も指で触って温かいなあ程度なのでこのキット付属の放熱板で問題ないと思います.

そして音の方ですが聴いてはっきりわかる程に音が芯が太くパワフルな音質になりました.そのお陰でロック系の音源では迫力が出てきます.また低音の歯切れが良くなり(音がサッと立ち上がってサッと消える感じ)サウンドプレイヤーのイコライザーで低音を持ち上げてもブーミーな音になる感じは減りました.

また試しに以前と同じように電源ラインにフェライトコアを入れてみましたがこれが逆効果で音の線が細くなってしまいました.よって現在はフェライトコアは使っていません.

というわけでDC電源の製作は良い方向に行きました.PCオーディオの普及でDACを使っている方は多いと思いますが,ぜひ電源はノイジーなスイッチングレギュレータタイプのACアダプタでなくリニアレギュレータタイプに変えてみては如何でしょうか? 3000円程度の部品購入とハンダ付け作業で簡単に音の変化が楽しめますよ.

おまけ:この回路のパーツは基本的に汎用グレード品で構成されているので特に出力段のコンデンサはオーディオ用のちょっと容量の大きなものに交換してみたいなあと今から企んでおります.

スポンサーサイト

虎徹(SCKTT-1000)は冷える! 

Windows7-PCでSkyrimをやった後AMD製常駐ソフトから「CPU温度が65℃を超えましたぜー」と警告が出るので,CPUクーラー「兜」を一度外して熱伝導グリスを塗り直したりしたけれど状況が変わらなかったので,「よく冷える」という評判の高い「虎徹(SCKTT-1000)」を導入してみました.

虎徹はサイドフロー型なのでどうしてもクーラーの高さが高くなってしまいますが私のやや大きめのミドルタワーケース(Antec P280-MW)には問題なく入りました.

取り付け後Skyrimを数日プレイしてみましたが,一度もCPU温度警告は出ませんでした.どうやら虎徹はやはりよく冷えるCPUクーラーのようです.値段も手頃ですし付属のFANも静かなのでオススメです.


光デジタルケーブルの交換 

先日ツイッターで呟いた光デジタルケーブル(S/PDIFケーブル)の交換ですが,結論から申しますとまあまあ成功かなあ?と言った感じでした.

元々使っていたのはAmazonプライベートブランドの普及価格帯のコアがプラスチック製の光ケーブルでした.それをちょっとお高い\7800のコアが石英ガラス製のケーブルのAUDIOTRAK製GLASSBLACK2PLUS(3m)に交換しました.

その結果,音質の方はちょっと高音域の伸びが良くなり,まあ僅かですが音の透明感みたいなものが増し,音楽プレイヤーソフトのイコライザーで上の音域を上げる必要が少なくなったかなあという感じです.

まあ言われてみなければわからないというレベルですが(笑),やはり石英ガラスファイバーの方がやはり安心感がありますし,今後ずっと使っていく予定のものなのでこれくらいの投資は悪くなかったかなと思います.

今回購入したケーブルの問題ではないでしょうが(PC側は何の問題もない),難点はDACのDR.DAC DX2の光コネクタの差し込みが緩めでちょっとしたことですぐケーブルが抜けてしまうことです.これはネジリっ子などを駆使してケーブルコネクタが本体にしっかり刺さるようにちょっと工夫しました.


CPUスッポンとピン折れ 

先日「うーん,なんかWindowsマシンのCPUの冷えが悪いなあ.熱伝導グリスでも塗りすぎたかなあ?」と思って,グリスを薄く塗り直すことにしました.その作業のためには一旦CPUクーラーを外すのですが,この時かの有名な”スッポン”を経験してしまいました.要はCPUクーラーにCPUが貼り付いてしまいCPUが基板ソケットから取れてしまうことです.自作はもう10年以上やっていますがこれは初体験でした.ちなみにCPUはスッポンしやすいことで有名なAMD製(型番はFX-8350).一応取り外し作業直前までパソコンは動かしていてグリスは温まっていたはずなのですが….

あちゃーと思ってちょっと焦ってCPUをクーラーから引っペがしたら今度はCPUをPC内部に落としてしまうという更なるミス.多分そこで電源ユニットの角にでも当たったのでしょう,CPUのピンがところどころ激しく折れてしまったようです.以下がその写真(泣)

BreakPins.jpg


この写真からだけでも5,6箇所くらいピンが曲がっているように見えます.一応拡大鏡と精密ドライバなどを駆使してピンを真っ直ぐに直す作業に挑戦しましたが,ほとんど上手く行かず….諦めて新しいものを購入しました.折角AMDはRyzen新発売で盛り上がっていて,「私もその波に乗っちゃうかも?」と目論んでいたのに痛い臨時出費でした.トホホ(T_T)

Skyrim: Kill the leader of Deepwood Redoubt 

日本語クエストタイトル「ディープウッド要塞で敵のリーダーを倒す」ですが,このクエスト,バグがあるようです.要塞奥に到達してみると敵のリーダー(フォースウォーン・ブライアハート)は既に死亡していて,何をしてもクエストを進行(リーダーを倒した状態に)させることができません.そこでいろいろ調べましたがどうやら以下のコンソールコマンドで先に進めることがことがわかりました.

 setstage Favor151 15

もしかしたら「Favor151」の部分が変わってくるかもしれませんが,その時は「Showquesttargets」コマンドでクエストIDを確認してみて下さい.

ではでは

WindowsPC更新 

今年は目出度いことにようやくAMDからZenシリーズが発売され,私も当然それを狙っているわけですが,在庫が潤沢になって手頃な値段になるのは夏頃以降になりそうです.それに当然というべきかMicrosoftはWindows10のみしかZenをサポートしないと宣わっています.まあまだしばらくイ未だベータ版のWindows10は使いたくないのでこのこともしばらくZenを様子見する理由になります.

ということで,FX-8350の安い中古でも転がっていないかなあと思って,ある日ヤフオクをブラブラしていたところ「FX-8350,M/B,Mem8GBセットで\25k」の文字が飛び込んできました.「おっ,これはお手頃かも!」と思った直後に即決価格落札ボタンを押していました(笑)

うんで数日後落札商品到着後,今まで使っていたWindows7マシンからマザボ一式を取り出して落札したマザボ一式を組み込み,使い回しのCPUクーラを取り付けてWindows7システムをSSDにクリーンインストールしてみました.

「うーん,なんかUEFI/BIOSの挙動が不安定だけどインストール成功したし一応動くなあ.しばらくこれで使ってみよう」と思って数日使っておりましたが,使用中に突然ハングしたり,メモリエラーが出たり,BIOSが起動しなくなったりとやはりシステムが不安定で「これじゃとても使えないなあ」ということになりました.

一応安定動作を目指すために,CPUやメモリの電圧を上げてみたりちょっとクロックスピードを落としてみたり,メモリのブランドを統一してみたり,BIOSをヴァージョンアップしてみたりしてみましたが,やはり動作不安定のままでした.原因を考えてみましたが「まずBIOSが安定起動しないのだからマザボが不安定なのではないか?」という判定を下しました.

ということで中古で入手したマザボが無駄になってしまいますが,新品のマザボを購入することにしました.色々調べましたが,ATX,SAT×6本,USB3.0対応,S/PDIF出力という条件で選ぶと数は少なくなり結局少々お値段高めではありましたが,ASUSのM5A99FX PRO V3なるものを購入しました.

ASUSのマザボ到着後,動作不安定なマザボからCPUクーラ,CPU,メモリを取り外して新品のマザボに取り付けてPCケースに組み込んで,ストレージ,電源,フロントSW/LED系,グラボを取り付けてシステムを起動したところ無事BIOSが起動しました.その後Windows7システムをクリーンインストールして数時間動かしてみましたが前のマザボで見られた不安定さはなく極々普通に安定したPCができあがったようです.まあオークションで入手したマザボが無駄になってしまいましたが,まあ勉強代ということで….

というわけで今回組み立てたWindowsPCはこんな感じです.CPUの変更(4コア→8コア,3.6GHz→4.4GHz),メモリ増強(DDR2→DDR3,8GB→24GB)で時々発生していたゲーム中の動作の引っ掛かりがなくなり,かなり快適になりました.

CPU: AMD FX-8350,4GHz->4.4GHz O.C.(中古)
M/B: ASUS M5A99FX PRO V3(新品)
Mem: 詳細不明 DDR3-1600/4GB×2(中古)
Mem: crucial DDR3-1600/8GB×2(新品)
CPUクーラ: サイズ/KABUTO クーラー SCKBT-1000(流用)
電源: Antec EA-650-Green(流用)
ケース: Antec P280-MW(流用)
SSD: SanDisk SDSSDXPS249G(流用)
HDD: Seagate SATA/500GB(流用)
HDD: Toshiba SATA/500GB(流用)
BR-RW: PIONEER BDR-208M(流用)
OS: Windows7 Ultimate x64 SP1(流用)

winpcinside.jpg

UbuntuStudio16.04マシンのグラフィック能力 

まあ厳密にはベンチマークソフトではないが,glxgeasでちょっと測定してみた.

$ vblank_mode=0 glxgears
ATTENTION: default value of option vblank_mode overridden by environment.
22142 frames in 5.0 seconds = 4428.370 FPS
20895 frames in 5.0 seconds = 4178.949 FPS
20996 frames in 5.0 seconds = 4199.045 FPS
21583 frames in 5.0 seconds = 4316.384 FPS
20831 frames in 5.0 seconds = 4166.158 FPS

うーん,他のマシンと比較できないがなかなか良い数字ではないのかな?



Cyberfox for Linux 49.01 

Windowsで定評のあるCyberfoxにLinux版が出たらしいのでインストールしてみました.ヴァージョンは49.01です.
但し,このままではマルチプロセスが有効にならないので以下の項目を「about:config」で設定してやる必要があります.

 user_pref("browser.tabs.remote.autostart", true);
 user_pref("browser.tabs.remote.force-enable", true);
 user_pref("extensions.e10sBlocksEnabling ", false);
 user_pref("extensions.e10sBlockedByAddons", false);

これで再起動するとe10s対応のプロセッサならマルチプロセスで動いているはずです.確認はヘルプ→トラブルシューティング情報の画面でできます.

ダウンロードはこちらから
https://cyberfox.8pecxstudios.com/cyberfox-linux/