ローレイテンシーカーネルをメインに使ってます 

先日Linuxのリアルタイムカーネルのビルドの件について記事を書きましたが,今は結局従来通りバイナリーで手に入るローレイテンシーカーネルを使用しています.理由は,まず「Fully Realtime」設定だとシステムがプチフリーズすることが多いこと,「Basic Realtime」設定では動作はほぼ問題ありませんが,ソースのドキュメントを読むとこれは実質ほぼ「Lowlatency」設定と同じであり可能な限りリアルタイム処理を行うと書いてありました.


それにリアルタイムパッチはカーネルの最新版より遅れてリリースされるので,できるだけ最新版を使いたい自分にとってはマイナスポイントでした.音質もリアルタイムカーネルの方がやや良い気がしますが,ボロセボ以上の効果は認め難く,それよりも最新のカーネルに変更したほうが音質が良くなるかなあという印象を持ちました.

という訳で,現在はUbuntustudio 16.04のデフォルトカーネルである4.4系をふっ飛ばして最新安定版の4.5系を使っております.今のところ不具合は出ていません.先日ちょっと欲を出してまだ開発版である4.6系をインストールしてみましたが,やはりメインのマシンに開発版のカーネルを入れるのはちょっと怖いので,安定版の4.5系に戻しました(^^;
スポンサーサイト

コメント

ご指摘の内容を確認するため、弄くり倒した14.04 RT(single CPU mode)と、16.04 Lowlatency(single CPU mode)を比較しました。
16.04の方がノイズが小さく、音の数が多く、響きも良いですね。(pulseaudioを排除するまでは五分五分でした)

厚かましいお願いですが、4.5系の導入方法をお教えいただけると有りがたいです。

Re: タイトルなし

> 厚かましいお願いですが、4.5系の導入方法をお教えいただけると有りがたいです。

私はだいたいここからローレイテンシーのカーネルを拾ってきます.たいていこれで事足ります.
http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/

んで,機能増やしたいなあとかRT化したいなあという時は,下から拾ってきてビルドしています.
https://www.kernel.org

おかげさまで、カーネル4.5.3の導入に成功しました。
ありがとうございます。
4.4.0と4.5.3でも、結構音に反映されるのに驚きました。

devパッケージは簡単に導入でき、grubにも反映されるので楽ちんですね。

Re: タイトルなし

> おかげさまで、カーネル4.5.3の導入に成功しました。

おめでとうございます.あそこのサイトは有名ではないですが便利です.特にUbuntu用のパッチが当たっているので安心感があります.

> 4.4.0と4.5.3でも、結構音に反映されるのに驚きました。

私も少し4.5.3を使っていましたがファイルをコピーすると時々ファイラーが落ちてしまうので,今は4.4.9を使っています.

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cobo4u.blog87.fc2.com/tb.php/336-1cced5e7