スピーカーケーブル交換 

スピーカーケーブルはたぶん10年以上前からMoster Cable XPを使っていましたが,数年前よりスピーカーの配置をニアフィールドに変更にしたことによりかなり長さが余っていたこと,ケーブルのグレードアップでもしてみるかということになり,交換しました.

ケーブル選びはこちらのLIFE SAVERさんのサイトを参考にしたところ,前園サウンドラボ(Zonotone)の6NSP-Granster 2200αに興味が湧きました.値段が手頃な割にはシールド被覆のツイストペア線で複合材料.今まで使ったことがない種類のケーブルなので何となく「音が変わるかも?」と思い,これに決めました.長さは2m×2本の切り売りをAmazonさんで購入しました.

商品到着後は写真のように両端を加工しました.青いジャケットがとても綺麗です.これも気に入りました(笑)

SpCableTerm01.jpg



ケーブル交換前はこんな感じでした.XPの透明なジャケットも目立ちますね.お疲れ様でした.

AmpBefore.jpg



その後,6NSP-Gransterを取り付けました.青が目立ちます.

AmpAfter.jpg



さて音出ししてみます.音源には名録音の誉れ高いDonald Fagenの「The Nightfly」を使いました.

soundcheck.jpg



そして感想ですが驚きの結果になりました.

まず音量がでかくなりました.感覚的に30%増しの音量になった感じです.思わずプリンアンプのボリュームを絞ってしまいました.

あと低音域がトンデモなく増えました.前のケーブルを使っていた時,というかは生まれてこの方,大型スピーカーを使ったことがなかったので常に低域のボリューム不足に悩んでいて,如何に低域を稼ぐかを工夫してきました.今回のスピーカーは背面にバスレフ開口を持つブックシェルフスピーカーだったのでスピーカーの後ろに大理石の位置を置いて,開口から出る低音を反射させて前面に持ってくるようにして低域を稼いでいましたが,そんなのは全く不要になりました.むしろ普通に設置していても低音が出すぎるくらいです.音楽プレイヤーのパラメトリック・イコライザーも以前は低音を増幅していたのですが,ケーブル交換後は増幅無し,周波数によってはカットする方向に調整しています.

そして,このケーブル交換で一番凄かったのは音像の再現性と言ったら良いのでしょうか.とにかく2つのスピーカの間の空間に各楽器の音源が定位しています.特にセンターにくるボーカルやサックス,ドラムなどはまるでセンタースピーカーが設置してあってそこから発音されているくらいはっきりと定位してします.良い意味で左右のステレオスピーカーの存在が消えてしまい,自分がスタジオの響きの良いところで座って演奏を聴いているような音場です.これは例え多少音質や解像度が落ちても癖になる再生音です.

というわけで今回のスピーカーケーブルの交換は予想以上の音場,低音域の改善の効果が現れました.皆さんも,特に小型〜ブックシェルフスピーカーで低音不足などに悩まされている方へはとてもお勧めできるスピーカーケーブル交換でした.音がガラリと変わったので今まで散々聴いてきた音楽作品でも新しい感動で聴くことが出来ています.うーん,今回の投資は大成功でした.


スポンサーサイト

サウンドプレイヤー再検討 

というわけで,先日の日記に書いたようにオーディオ系の接続を変えたので,それに合ったサウンドプレイヤーを選ぶためにいろいろと試してみました.ちなみに使用しているスピーカーはブックシェルフ型で下は85Hzまでしか出ません.

1)aplay→Jack/96kHz再生
今まで使っていた環境です.S/PDIFに変えてもほぼ同じような音質ですが,やや高音域がクリアになったという印象です.

2)aplay→Jack/192kHz再生
1)の96khz再生より,更に高音域がクリアになった印象です.但しその分低音域の迫力がなくなったかなあと言った感じです.イコライジングしたくなりました.

3)aplay→JAMin→Jack/192kHz再生
JAMinはJackに接続して使用するエフェクターアプリです.イコライザー,コンプレッサー,リミッタ等が使えます.これを利用して低音域を上げて再生してみました.しかし,この再生ではXRUN(リアルタイム処理エラー)が頻発して音がプチプチと切れてしまします.この再生方法ではどうやらCPU,カーネルのリアルタイム処理が間に合わないようです.

4)aplay→JAMin→Jack/96kHz再生
この環境だとXRUNは発生せず,問題なく再生できました.但し音質はイコライザーで低域が出せるようになっただけで高域のクリアさは1)と同じです.

5)Audacious/24bit→Jack/192kHz再生
再生は問題なくできました.イコライザーを使用してもXRUNは発生しません.aplay再生に比べて,各楽器の分離度が悪くなり,スネアなどのアタックも弱くなってしまいます.これはちょっと頂けません.

6)Audacious/16bit/44.1kHz→Jack/192kHz再生
5)での音の悪化はもしかしたら音楽データの24bit拡張によるものではないかと思い,CDと同じ16bitにしました.そうしたら,各楽器の分離度が良くなり,スネアなどのアタックなどもaplayで再生したのと同じくらい鋭くなりました.やたらデータのbitを拡張しても,必ずしも音が良い方向に行くわけではないのですね.またイコライザーを使用しても問題なく再生できます.

7)Audacious/16bit/96kHz→Jack/192kHz再生
試しに,Audacisou側で96kHzにアップサンプリング処理をさせてみました.そしたら,44.1kHz再生に比べて音の濁り感が減って,更にクリアな音質になりました.中域もより綺麗に鳴ってくれます(「Art Pepper Meets The Rhythum Section」のサックスの音がリアル!).低域はイコライザーを適当に調整することで程よく太くすることができます.

ということで,7)の再生方法が良い結果だったので,しばらくはこの方法で音楽を楽しみたいと思います.

192kHz再生に伴い,qJackCtlの設定は以下のようになりました.それとHPETタイマーを再度導入しました.今度はノイズなどの混入は発生していません.audio.confを最適に設定したからでしょうか.やはり通常のタイマーに比べて音がクリアになります.


スクリーンショット - 2012年07月21日 - 08時25分14秒


続きを読む

S/PDIFオーディオ導入 

ベース練習用に積んでいたONKYO SE-150PCIを外しました.理由はフロアノイズの多さにヘキヘキしたことと接触不良によるデバイス認識エラーの頻発です.その代わり以前使用していたAudiotrak DR.DAC2をUSB接続しました.しかしそうしたら,今度はメインで使用しているAudiotrak DR.DAC2 DXのUSB接続が不安定に.サンプルレートを96KHzに指定しても44.1KHZになってしまいます.新たに接続したDR.DAC2のUSB接続コネクタの位置を変えたり,外したりもしてみましたが,不安定さは解消できず.

どうしたものか悩んでいましたが,現在使用中のマザーボード(Gigabyte GA-MA78GM-S2H/rev.1.0)には
S/PDIFオプティカル出力が搭載されていることを思い出しました.そこで,S/PDIFオプティカルを使ってメインのDR.DAC2 DXを鳴らすことにしました.オンボード音源ということで多少の不安はありましたが,「デジタル出力なら安価なICを使っていても音質の差はほとんど出ないであろう」と判断しました(アナログ回路ならICの差,回路の差が音質にモロに影響しちゃいますけどね).

そこで,手持ちのオプティカルケーブルを使ってPCとDR.DAC2 DXを接続しました.しかし,サンプルレート96kHzは接続,音出しともに問題ありませんでしたが,192KHz接続にすると一応認識はするのですが,音を出すとクロックのロックが外れてしまいます.始めはマザーボードのICの能力不足を疑いましたが,試しにオプティカルケーブルのコネクタを横から手で触って押したり引いたりしてみると,音出しをしていない時でもクロックのロックがかかったり,外れたりします.

うーん,これはケーブルの光コネクタ部分がダメなのかもしれないと思い,Amazonのカスタマーレビューで評判の良い「Amazonベーシック TOS-Link(トスリンク) デジタルオーディオ オプティカルケーブル 1.8m」を購入しました.本日品物が届きましたが,ものはケーブル部分は太めで如何にも光ファイバを守っているという感じながら,線材は柔らかく取り回しのしやすいものでした.それに比べるととりあえず使用したオプティカルケーブルは,ケーブル自体が細く,また樹脂も何か遮光性に欠けるような材料で,何か伝送性能が悪いような印象を持ちました.

早速,届いたケーブルでPCとDR.DAC2 DXを接続しました.そうしたらちゃんとUbuntu StudioのJackサーバで指定したサンプルレート192kHzでもクロックロックされ,音出ししてもクロックが外れることなくちゃんと音が鳴っております.ということは,交換前のケーブルの性能が元々プアなのか,それとも長年丸く巻いたまま放置していたので,ファイバに亀裂か何か生じて性能が出なくなったか,光コネクタ部の設計が甘く接続が不安定なのかなどの原因が考えられます.

まあ,どちらにしても交換前のケーブルは信頼性ゼロということで,ゴミ箱に直行となりました.

肝心の音の方ですが,USB接続時と比べて少しクリアになった感じですが,逆に音の厚みは薄くなった印象を持ちました.但し,高音域は綺麗に上まで伸びている印象です.特に192kHz接続時のシンバルの音などはスタジオで生で聴いているような音に近づきました(但し,完全再現にはまだまだです).

ということで,メインのDACは,S/PDIF接続で鳴らす体制に変更しました.できれば,常時192kHzクロックで鳴らしたかったのですが,ちょっと問題が発生しました.それについては後日の日記で.

audio.confの設定(2012/07/20版) 

2012/07/20現在の設定です.設定は更新されているかもしれませんので,最新の記事をご参照下さい.

sudo gedit /etc/security/limits.d/audio.conf

@audio - rtprio 99
@audio - memlock unlimited
@audio - nice -15

nice=-19だと,処理を全部オーディオ系に持っていかれて他の処理が無茶苦茶遅くなってしまうことがあるっぽいので,nice値を少し下げてみました.その代わり?,rtprioを99の最大値に設定しました.

ちなみに上記の設定を全くしない場合は,JackのLatency=10ms程度で,XRUNが頻発しました.やはり,リアルタイム優先実行は設定した方が良いようです.

HPETタイマー使用中止 

前の日記で「導入した」と書いた高精度HPETタイマーですが,実は動作していませんでした.sudo update-grub が失敗していたようです.というわけで改めてupdate-grubをかけたところ,ちゃんと動作しました(確認方法は,cat /sys/devices/system/clocksource/clocksource0/current_clocksource).

そして音質チェック.うーん,確かに音の透明感は増した感じはしますが,音の押し出し感,各楽器の分離度,リアル感,低音域の太さが弱くなったような感じです.それにウインドウズの移動などの操作をするとノイズが入ってしまいます.ネットでは「HEPTは良い」という記事が多いですが,私はこの音は好きになれません.通常のタイマーで再生した音のほうが好みの音です.ノイズも入らないですし.

というわけで,HPETタイマーは使用しないことにしました.grubの記述も元に戻して,BIOSの方もHPETをDisableにしました.

Linux/Ubuntu Studio音質向上まとめ 

ここ数週間,Linux/Ubuntu Studioの音楽再生音質向上のために,設定などをいろいろと弄ってきましたが,かなり満足のいく音質になったのでここら辺りでポイントをまとめてみます.

★Linuxの導入
 明らかにWindowsより高音質な再生ができます,というかできやすいです.Windowsでも設定を最適化すれば高音質再生ができるでしょうが,Linux/Ubuntu Studioでは,ほぼカーネルとサウンドサーバの最適化だけでWindowsを超える高音質な音楽再生を手に入れることができます.ちなみにインストールは,仮想マシンでなく,ディアルブートにします.できればHDD(ハードディスクドライブ)1台まるごとLinux用のドライブにしてしまうことをお勧めします.現在のLinuxの標準的なファイルシステムである「ext4」はコピー速度も速く,ファイル管理も快適に行えます.またWindowsでは必須の「デフラグ」作業は,Linuxではほぼ不要です.ちなみにWindowsからext4にアクセスできるソフトもあります.

★最新のlowlatencyカーネルの導入
 通常のgenericカーネルより明らかに音質が向上します.genericカーネルでは少し靄のかかったような音質ですが,lowlatencyカーネルがそれがかなり解消されて各楽器の分離度,解像度が向上します.現時点での私のカーネルは,「Ver.3.2.0-23-lowlatency」です.
 
★Real-timeカーネルの導入は見送り
 lowlatencyカーネルよりも更に解像度が向上する印象を持ちましたが,その差は僅かかなと思います.それよりも,私の環境ではグラフィックボードを正しく認識しない,OpenGLが使えなくなる?という問題が発生したので,導入は見送りました.Real-timeカーネルの導入よりも後述するJackサーバによるLatency値の調整の方が音質に抜群に影響を及ぼしました.

★Jackサーバの導入
 音声信号のリアルタイム処理,ローレイテンシー処理が簡単に設定できるJackサーバの導入が最適です.Jackサーバのコントローラ「qJackCtl」,「PulseAudio音量調節」,「ミキサー」の設定で一苦労しますが,最適に設定されたJackサーバの効果は絶大です.
 
★Jackサーバの最適化
 いろいろと設定を弄ってみましたが,やはりLatency Timeをどれくらいに持っていくかがポイントになります.私の感覚では,Latencyは10ms前後にするのが最適かなと思いました.100ms程度ではJackサーバを使わない場合とあまり変わらない解像度,数msでは線が細すぎるというか,音にどっしり感がなく何か不安定な印象を持ちました.10ms前後では,まるでCDをデジタルリマスター盤に変えたかのような音質になりました.
 
★Ubuntu Studioの導入
 まあ,通常のディストリビューションを導入して,手動でlowlatencyカーネルやJackサーバを導入しても良いのでしょうが,やはり最初からマルチメディア処理,作業に特化されたUbuntu Studioを導入してしまうのが手っ取り早いでしょう.デスクトップ環境がWindows2000ライクで,処理の軽いXfceというのも長所です.Officeソフト等は後から手動インストールします.現時点では「Ubuntu Studio 12.04LTS」を使用しています.

★Waveファイルリッピング
 基本的にmp3,oggなどの圧縮音源は有り得ません.非圧縮音源の音に慣れてしまうと音源圧縮の弱点がよく聞こえてしまってとても鑑賞に耐えられなくなります(まあBGM代わりに小さな音で再生する分には圧縮音源もありかもしれませんが).私はつい最近まで,flac圧縮音源を聞いていましたが,完全にwaveに乗り換えました.その理由は,「waveファイルに対応していないサウンドプレイヤーはほぼ皆無なこと」,「高音質再生を謳うサウンドプレイヤーは,waveしか対応していないものが多いこと」です.flacファイルに対して約2倍のファイルサイズになってしまいますが,現状でほぼ標準的な容量である2TBのHDDを使えば,ほとんど容量の問題は関係なくなるでしょう.ちなみに私の音楽データは,CD約700枚分あり,ファイルサイズは約400GBです.

★aplayによる音楽再生
 再生ソフトはいろいろありますが,一番シンプルなCUIソフト「aplay」が一番原音再生しているような気がしました.音源に何も手を加えず収録されているデータそのままを再生しているような感じです.録音の良い音源であれば,解像度が高く,各楽器の分離度は良く,生々しい音を出してくれます.その代わり,録音の状態がそれほどでもない音源では,やはりそれなりの音でしか再生してくれません.そういう意味では原音忠実再生だと思います.

★aplayのバッファサイズ
 Jackサーバの最適化の項目では,Latencyは10ms前後が良いと書きましたが,サウンドプレイヤーに関しては逆で,バッファサイズは大きめの方が良いようです.そうすれば,HDDへのアクセス回数が減少し,RAMディスクを用いた再生に近い環境ができるからです.でもあまり大きなサイズにすると,Ctrl+zによる演奏中断への反応に時間がかかってしまい,ちょっと不便なので,現実的なサイズとして,私は3secにバッファを設定しました.HDDのアクセスランプを見ていると,確かに3secくらいに一度の周期でアクセスしていました.

qJackCtl等の設定 on Ubuntu Studio 12.04LTS(2012/05/31版) 

2012/05/31現在の設定です.設定は更新されているかもしれませんので,最新の記事をご参照下さい.

【qJackCtlの設定】
オーディオとインテリアさんの記事を参考にlatencyを下げてみました.前回の設定(latency=約100ms)よりなんだか音がリアルになったような気がします.明らかに音のアタックが鋭くなっていて,ドラムのシンバルレガートとかリムショット,ピアノの打音が生音に少し近づいた感じがします(もちろん録音状態の良い盤で).

スクリーンショット - 2012年05月31日 - 21時09分21秒


【audio.confの設定】
sudo gedit /etc/security/limits.d/audio.conf
@audio - rtprio 95
@audio - memlock unlimited
@audio - nice -19

今日は以上です.

Ubuntuサウンドデバイス認識順の固定化 

信じられないことにUbuntu(Linux全部?),デフォルトではサウンドデバイスの認識順がリブート毎に変わってしまうのです.他のOSでもそうなのでしょうか?

もしかしたら普通に音楽を聞いている分には関係ないのかもしれませんが,私はUbuntu Studioの要のソフトであるJackサーバ(Jackd)を使用しています.このサーバでは,出力デバイスをhw:0,hw:1と言った番号で認識しています.サウンドデバイスが1個だけならば常にhw:0しか使用しないので問題ないのですが,複数のサウンドデバイスを接続している場合,デフォルト設定のままでは番号とそれに割り当てられているサウンドデバイスが変わってしまい,Jackサーバ側では常にhw:0を指定しているにも関わらず,その出力先がPCIサウンドカードになったり,USBオーディオ機器になったりしてしまうのです.

これは困ったことです.PCを起動するたびに設定画面を開いて,出力先を変更しなければならないのですから.そこでいろいろ調べてみたら,以下のように設定すれば良いことがわかりました.

1)以下のコマンドで接続されているサウンドデバイスを調べる.
 $ cat /proc/asound/modules
 0 snd_ice1724
 1 snd_hda_intel
 2 snd_usb_audio
 3 snd_usb_audio
 
 ice1724がPCIサウンドカード,hda_intelがビデオカード内蔵のHDMI,usb_audioがUSBオーディオ機器です.私は1台しかUSBオーディオ(Audiotrak DR.DAC2 DX)を接続していませんが,なぜか2台あると認識されます.Windowsでも同じ現象が現れます.
 私はメインにUSBオーディオを使用しているので,これを先頭に持って行きたいです.

2)そこで,次のようなコマンドで設定ファイルを新規作成,保存する.
 $ sudo gedit /etc/modprobe.d/sound.conf
 
 記述例:
 options snd_usb_audio index=0
 options snd_usb_audio index=1
 options snd_hda_intel index=2
 options snd_ice1724 index=3

このような設定をして再起動したところ,qJackCtl上では以下のように固定されました.
 hw:0 USB audio DAC
 hw:1 Audiotrak DR.DAC2 DX
 hw:2 HDA ATI HDMI
 hw:3 ONKYO SE200PCI
 
以後,何回も再起動させても順番は変わらないので,qJackCtlでOutput Deviceをhw:1に設定して使用しております.今のところ問題は出ていないので,これでうまく行ったようです.


参考にさせて頂いたサイト様:
http://haraita9283.blog98.fc2.com/blog-entry-103.html


続きを読む

サウンドプレイヤー比較 

昨日の夜から,Ubuntu Studio(Kernal Ver.3.2.0-23-lowlatency)上で取っ替え引っ替え色々なサウンドプレイヤー(音楽再生ソフト)を使って音質比較をしてみました.比較したのは「aplay」,「AlsaPlayer」,「Audacious」,「Aqualung」で,いずれも「Jack」を経由させての音出しです.ハードウェアは,USB(96kHz)→Audiotrak DR.DAC2 DX→ONKYO A-933(Main Amp. Mode)→RadiusHD R90HDです.

で,その結果はやはりコマンドラインのプレイヤー「aplay」が一番音が良いように感じました.

まずは音に厚みがあります.特に低音域はイコライジングしたのではないか?と思われるほど,よく出ています.それと音の立ち上がりの速さ,これはスネアの音やベースのスラップの音などで顕著に確認できます.とてもアタック感が強いのです.解像度は,「aplay」,「AlsaPlayer」,「Audacious」はほぼ一緒と言った感じでしたが,やや「aplay」が良かったかなと思います.楽器の分離度は「aplay」,「AlsaPlayer」が良かったです.あと「aplay」は心成しかダイナミックレンジが広いような….まあこれは気のせいだと思いますが.

簡単に言ってしまうと,「aplay」は原音をかなり忠実に再生するプレイヤーだなと感じました.録音の良いCDはとても臨場感あふれる再生できますが,それなりの録音のCDはやはりそれなりの音しか出ません.

ということで,しばらくは「aplay」を使ってみたいと思います.


おまけ:
aplay使用時に一々オプションを打つのは面倒なので以下のようにコマンドを定義してしまって,環境設定ファイル「.bashrc」に追記してしまいました.

alias AP='aplay -N -B10000000'

これでコマンド操作はかなり楽になりました.なんせ2文字ですからね(^^;


おまけ2:
高精度タイマーHPETを導入しました.BIOSで,HPETの項目をEnabaleにするだけでした.但し,HPETモードでは,一部のLinuxのディストリビューションによってはインストールに失敗することがあるようです.インストール時は,Disableに戻さないといけませんね.