私の音楽ライフ(3) ~ foobar2000の設定その1 

foobar_def.jpg


今回は,私のメイン音楽プレイヤーであるfoobar2000(2009/10/27時点での最新版はVer.0.9.6.9)の設定について解説したいと思います.なおfoobar2000の全容については,foobar2000 wikiにまとまっていますので,情報量は膨大ですがそちらにも目を通して置いた方が良いでしょう.また,2chのソフトウェア板にもスレットが立っていますので,参考になさって下さい.更に拙著の記事1記事2記事3もうまくまとまっていませんが,参考になると思います(なお,2chの記事はブラウザで見るより,2ch専用ブラウザ,例えば「Jane Style」などで見ると読みやすいです).


続きを読む

スポンサーサイト

私の音楽ライフ(1) ~ PCをメインにして音楽を楽しむ 

foobar2000_091023.jpg


以前のブログなどでも述べているように,私はPC/Windowsパソコンに音楽データを突っ込んで,それを音楽プレイヤ-ソフトを使って再生して,音楽を楽しんでいます.おそらく400枚くらいあるCDの中から聞きたいCDをCDケースからいちいち引っ張り出して聴くのは大変ですから.また.音楽プレイヤーのソフトのランダム再生機能を使えば,次にどんな曲がかかるか分からないドキドキ感が味わえます.PCが自動ディスクジョッキー君に早変わりします.

以前のブログでも,PCからの音楽再生のやり方などを書いていましたが,どうも内容がまとまっておらず,わかりにくいので(また,使っているソフトが変わっていたりするので),これからのブログでCDから音楽ファイルを作って,PCで音楽を楽しむ方法を解説したいと思います.お楽しみに~.

foobar2000を使う(その3) 

foobar20080323s.jpg


foobar2000 Ver.0.9.4.5を使う(その3)


性懲りもなく,またまた見た目を変更してみました.現時点でfoobar2000 Ver.0.9.5が配信されていますが,自分のPCの場合,Ver.0.9.5だとエラーが頻発してしまったので,未だにVer.0.9.4.5を使用しています.

最近,素晴らしいコンポーネント「Graphical Browser」が発表されたので,これを利用してアルバムジャケットを一気に表示できるようにしてみました.ジャケットを眺めながら曲を選ぶというのもまた楽しいものです.

このような画面にするために,以下のコンポーネントを使わせて頂きました.作者様に感謝です.
 ・Columns UI
 ・Album List
 ・Graphical Browser
 ・Single Column Playlist
 ・Channel Spectrum Panel

この画面を構成するコンポーネントであるGraphical BrowserとSingle Column PlaylistのSettingコードの一部と,Columns UIのレイアウト画面をアップしておきます.設定箇所はこれだけではありませんが,詳しいことは,foobar2000 Wiki辺りでお調べ下さい(汗.上記のコンポーネントもfoobar2000 Wikiから入手できます.


続きを読む

foobar2000を使う(その2) 

foobar2000b.png


foobar2000 Ver.0.9.4.5を使う(その2)

 デザインを変えてみました.「Single Column Playlist View」というコンポーネントを使っています.このコンポーネントにすると,アルバム毎にタイトルとアーティスト名が固まって表示されるので,見た目がスッキリします.

 色はとりあえず目立たない感じにした(というかほとんどデフォルト)ですが,もう少し格好良くしたいです.ツールバーアイコンとかも揃えたいですね(”EQ”とか”PF”は,ただの文字列です).


 この時のレイアウト設定は以下のようになっています.

foobar2000_UIb.png


 関連リンク
 foobar2000を使う
 foobar2000 Wiki


foobar2000を使う(その1) 

foobar2000.png


foobar2000 Ver.0.9.4.5を使う

★概要
 海外製の高音質な音楽再生ソフト
 ほとんどのメジャーな圧縮音楽ファイルを,デフォルトで再生可能(一覧はこちら
 ユーザインタフェース(UI)系のプラグイン(コンポーネント)や,音質向上を目的とするASIO出力,カーネルストリーミングプラグイン等の使用が可能
 派手なスキンなどの装飾が比較的少ないので,軽い起動と動作が可能
 但し,UI系のプラグインを入れて,細かい設定をすれば,格好良い見た目になるが,オリジナルのものを作るには難易度が高め

 各種プラグインをいろいろ入れないと気に入ったものにならないのが弱点と言えば弱点か?
 日本語化ツールなどもあるが,基本的に海外製ソフトなので,設定をいじる場合は英語がある程度読めないと辛い
 (リサンプリングプラグインを入れた場合,)Lilithよりも音の透明感が良いという印象


★使い方1(基本的な設定)
 foobar2000 Ver.0.9.4.5をダウンロードします(Ver.0.9.5はまだ使ったことないので,どんな感じかはわかりませんが,比較的大幅な更新のようです).foobar2000 wiki日本語サイトからリンクが貼られていますので,それを辿って入手して下さい.その後は,foobar2000を導入します.詳細はfoobar2000 wiki日本語サイトに詳しいので割愛します.

 私は英語のまま使用していますが,日本語化ツールもあるようですので,対応ヴァージョンに注意して使ってみて下さい.ちなみに英語のままでも日本語ファイルの,タグの読み書きは可能です.

 後は,foobar2000を起動すれば,一般的なファイル形式の音楽は普通に聴けます.それにアルバム毎にばらつきのある音量を調整する”Replay Gain”も使えるし,ファイルのタグ情報の編集も簡単にできます.使い方はfoobar2000 wiki日本語サイトをどうぞ(汗)

 普通に使うにはデフォルトでも十分ですが,見た目がシンプルすぎるのと,少しでも音質改善をしたかったので,いくつかプラグインを入れました.また,便利な機能も追加してみました.


★使い方2(プラグインの追加)
 追加したプラグインは以下の通りです.

・Columns UI
 見た目をいろいろ変更できるようにします.使い方は,foobar2000 wiki日本語サイトのColumns UIのコーナーを参照願います.

・Album Art Panel
 演奏して曲のアルバムジャケットを表示します.

・Album List Panel
 PCをスキャンして演奏者名,アルバム名などのデータベースを作成し,ツリー表示をします.もちろんソートやフィルタ機能有り.

・Kernel Streaming
 OSのサウンドミキサーを介さずに,サウンドカードに直接データを流し込みます.OS内部でデータのビット長などが変換されるのを回避できるため,音質劣化を防げるらしいです.

・ASIO output
 Kernel Streamingと似たような感じで,やはりOSによる不用意なデータ改変の防止用です.こちらはASIO対応のサウンドカード,又はASIO4ALLが認識できるサウンドカードにASIOに対応したデータを流し込みます.ASIO4ALLについては,本ブログのこちらのページをご覧下さい.

・Resampler (Secret Rabbit Code)
 リサンプリングを行い,22kHz以上の不可聴音域も生成して,高音質化を狙うプラグインです.CPUパワーの消費量が大きくなるので気をつけて下さい.主観的にはシンバルやトランペットの音とかがきれいに聞こえるように感じます.

・Bauer stereophonic-to-binaural (BS2B) DSP
 (特に密閉型の)ヘッドホンやイヤホンを使用するときに発生する頭内定位を解消し,音に広がりを持たせます.スピーカ出力では不要です.また開放型のヘッドホン(ATH-AD1000)でも使わない方が良い感じでした.

 これらのプラグインの圧縮ファイルをダウンロードして解凍して,プラグイン本体(dllファイル)をfoobar2000をインストールしたフォルダの下の”plugin”フォルダ(通常はC:\Program Files\foobar2000\components\)に入れた後にfoobar2000を起動すれば,これらのプラグインを使えるようになります.


 その他に,foobar2000から,”Album Art Downloader”というソフトを呼び出されるようにして,アルバムジャケットの画像ファイルをネットから探してダウンロードし,foobar2000の”Album Art Panel”画面に表示できるようにしています.

 ちなみに上記の画像が現在のUI画面です.また,この画面の時のColumns UIのLayout設定は以下のようになっております.もう少し格好良くしたいなあと思っております.

foobar2000_UI.png


 細かい設定とかいろいろあるので,頑張ってオリジナルなfoobar2000を構築してみて下さい.


★リンクとか
 公式サイト
 http://www.foobar2000.org/

 foobar2000 wiki日本語サイト
 http://foobar2000.xrea.jp/
  プラグインはこの辺り
  Album Art Downloaderはこの辺り

Sound Player Lilithを使う 

★概要
 以前はWinampをサウンドプレイヤーとしてメインで使っておりましたが,ヴァージョンアップを重ねる毎にどんどん重たくなるのに嫌気が差し,アンインストールして完全に使わなくなりました.

 現在は以下のようなプレイヤーをとっかえひっかえしながら使っております.
  ・Sound Player Lilith Ver.0.991b (or 0.992Test Release)
  ・Foobar2000 Ver.0.9.4.4
  ・Freive Audio Ver.1.18

 今回はこの中の主にヘッドホン再生時に使用している「Sound Player Lilith」を紹介したいと思います.


★ソフトのインストール
 まずは,Project9kさんのサイトから,セットアップファイルを入手します.自己解凍型とCAB圧縮型の二種類がありますが,お好みで選択して下さい.自分は簡単な自己解凍型にしましたので,以降自己解凍型の方で説明します.
 ダウンロード完了したら,ダブルクリックしてインストーラの手順に従ってインストールして下さい.簡単ですね.

 そうして起動するとだいたい以下のような画面になると思います(OSのヴァージョンによって多少異なる見た目になると思います).

lilith00.jpg



★見た目の変更
 この画面でも良いのですが,ちょっとシンプルすぎて寂しかったので,自分はこのフェイス(一般的にはスキンと呼んだ方が通りが良いですね)を使ってます.

lilith01.jpg


 これは,ヒデキ さん製作の「MUSC」という名前のフェイスです.これも同じく,Project9kさんのサイトから入手できます.左画面の「Face」をクリックして,開いたら上の方の「一覧」をクリックするといっぱいフェイスが出てくるので,その一覧から探して下さい.もちろん他の気に入ったフェイスを使っても構いません.
 
 ダウンロードしたら,圧縮ファイルを解凍して,解凍されたフォルダ(ファイル)先ほどLilithをインストールしたフォルダ(通常は,C:\Program Files\Project9k\Sound Player Lilith 0.991b\とかになっていると思います)に移動させます.ぐちゃぐちゃになってしまうので,フェイス毎にフォルダにまとめて置いた方が良いでしょう.また,フェイスフォルダ移動時はLilithは起動させてない方が良いでしょう.

 フェイス配置後,Lilithを起動させます.そして,Lilithの上で右クリックするとメニューがいっぱい出てきます.その中から「フェイスの変更」をクリックして「フェイスを参照」をクリックします.そうするとファイル選択ダイアログが出てくるので,先ほどLilithフォルダの下に作成した「MUSC」フォルダの中の「face.ini」を開きます.そうすると見た目が変わるはずです.曲リストを表示したい時は,左側の「MUSIC LIST」ボタンを押せばOKです.


★サウンド出力の変更(ASIO4ALLを使う)
 また,Lilithはデフォルトで高音質なASIO再生できますので,ぜひ使いましょう.ASIO対応のサウンドカードがあればそれでOKですし,もし非対応でもASIO4ALLを試してみましょう.ASIO4ALLについては,こちらも参照にして下さい.

 ASIO/ASIO4ALLドライバがインストールできたら,再度Lilithを起動して右クリックして,「設定」をクリックします.そうするとタブダイアログが出てきますので,その中から「サウンド出力」を選びます.設定は以下のようにしました.PCの環境によってはリサンプリングとかが厳しいこともありますので,いろいろと設定を試してみて下さい.

lilith02.jpg



★オンラインアップデート
 このまま使用しても問題無いですが,興味がある方は「設定」メニューの「その他」タブにある「オンラインアップデート」をクリックしてみて下さい.その際に全部のチェックボックスをチェックを入れておくと,Test版?のVer.0.992にアップデートできます.私の環境では特に問題がなかったので,Ver.0.992のまま使用しております.

★グラフィックイコライザを使う
 音質は,グライコでいろいろ調整してみて下さい.グライコを使う場合は,上の設定メニューの「イコライザ設定」で「イコライザ有効」のチェックボックスにチェックを入れて下さい.下の数字はデフォルトのままで良いでしょう.

★感想とか
 私の感想では他の2つのプレイヤーソフトに比べて,何となく音がまろやかな感じがします.それなので,サウンドカード(オンキヨー/SE-150PCI)→小型ミキサー(Behringer/UB502)から直接ヘッドホン出力している私の環境では,Lilithが合っているのかなあと思っています.ちなみにプリメインアンプ→スピーカー出力時は,Foobar2000が合っている気がします.まあ微妙な話ですが….

 Lilithはもともと日本語で開発されていて(日本のユーザにとっては)設定もわかりやすく,いろいろなサウンドファイルフォーマットに対応しており,動作も軽く.音も良いプレイヤーではないかと思います.ぜひ試してみて下さい.

★リンクとか
Project9k
http://www.project9k.jp/


Foobar2000 Wiki for Japanese Users
http://tnetsixenon.xrea.jp/foobar2000/


Frieve
http://www.frieve.com/



PCサウンド音質向上メモ(CDexの設定変更,エンコーダ変更,Winampの設定)  

★CDex/CD-ROMの動作設定を変更(CDexのメニュー→設定→CD-ROM)
・CD-ROMドライブを速い方に変更(ブンブン五月蝿いけど).
・読み込みセクタを「52」へ変更(デフォルトは26.大きくした方が良いらしいが,うちの環境ではジッターエラーが増加してしまい不可でした).

・リッピング方法を「Paranoia,Full」へ変更(デフォルトは標準.Fullにすることでジッターエラー検出機能が最大になりエラーを最小にできるらしいです).
・エンコーダを「Ogg Vorbis DLL Encorder」へ変更.

CDexCdrom.png



★CDex/エンコーダを変更(CDexのメニュー→設定→エンコーダ)
・最新版のエンコーダ/DLLを入手(詳細は下記参照).
・エンコーダを「Ogg Vorbis DLL Encorder」へ変更.

・音質設定最適化を有効にして,q=8.0(~256kbs)にする.q=8.0程度にすると,20kHzより下でのカットオフがほとんど無くなる模様(サイト名は失念).普通は,q=6~以上なら気にならないレベルだと思います.

CDexEncoder.png



★Ogg Vorbisについて
・mp3/LAME系と同等,若しくはそれを超える音質で非可逆圧縮できるらしいです.ライセンスフリー,設計段階からVBR/可変ビットレートを念頭において開発(mp3はもともとCBR/固定ビットレートのみを念頭において開発されたらしいです).

・VBR=220kbps付近で比較テストをしてみましたが,LAMEより音が太くなる,原盤であるCDの音により似ていると感じました.mp3/LAMEでも悪くはなかったのですが(今までLAME 3.97をV2,q2の設定で使用して満足していた),比較して聴いてみると,低音部が少し削られている,打楽器のアタックがやや弱くなる印象(mp3のプリエコー問題に関連あり?),きれいな音ではあるが迫力/力強さが弱められる印象を持ちました.しっかりしたヘッドホンでよ~く聴かないとわからないようなほんのわずかな差ですが….

・エンコーダや使い方については,以下のサイトを参考にして下さい.07年3月現在の最良のエンコーダは,aoTuVb5(aoTuV Beta5).
  ogg村 http://oggvorbis.fc2web.com/
  蒼弓氏のページ http://www.geocities.jp/aoyoume/aotuv/
  各種ダウンロード http://www.rarewares.org/ogg.html
  R!o Interactive http://murashima.net/rio/ogg/

・CDexで使用する際は,「ogg vorbis dlls…(中略)…for WinLame and CDex」という表記のある圧縮ファイルを入手し,解凍されて出てきた4つのdllファイルをCDexの実行ファイルのあるフォルダに上書きコピーします(CDexオリジナルのDLLはリネームなどで待避させるのもOKです).
oggのエンコードには時間がかかるとの情報もありますが,小生の環境では特に問題になりませんでした(4~5分の曲で,1分程度のエンコード時間).


★Winamp5.24の設定(Oggファイルの再生)
・右クリックでOption/Preferencesを選択.
・Plug-in/Inputを選択.
・一覧からNullsoft Vorbis Decoder[in_vorbis.dll]を選択し,Configureボタンを押します.

・Formatを「24bit」に切り替え,Ditherは「有効」にします.サウンドカード/チップが対応していない場合は機能しないので要確認.
小生のONKYO SC-150PCI + ASIO4_ALL_2 + ASIO output(dll version)では,正常に動作します.

※Winamp5.33では,
 Option/Preferences/Playbackを選択して,「Allow 24bit」,「Dither」を有効にすれば内部16bit処理から24bit処理に変更できる模様です.

Winamp534Playback.png



※ASIOの設定については,本ブログの「PCサウンド音質向上化メモ 」を参考にして下さい.