スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows7のシステムフォントを綺麗にする 

【目的】
一応だいたいの部分は「メイリオ」フォントになっているWindows7だが,一部のダイアログなどでは未だに「MS Pゴシック」などが使われていて,その部分の文字はカクカクしていて大変汚い.そこで,これらの汚い部分のフォントもClear Tyepが効いていて綺麗な「MeiryoKe_PGothic」に入れ替えることを目的とする.

【事前確認】
コントロール パネル>システムとセキュリティ>システムのページの左側の「システムの詳細設定」を開いて下さい.フォントがクリアタイプ処理されていなくて,カクカクなのがわかると思います.これを以下の方法でクリアタイプ対応でしかも横幅の広くないフォントに入れ替えます(メイリオだと横幅が広くてはみ出しちゃったりするんですよね)


【準備1:MeiryoKe系を作る】
こちらのサイト見れば,必要なファイルは全て入手できます.また,だいたいの手順がわかります.要は,マイクロソフト公式のメイリオフォントファイルから,横幅の狭いMeikyoKe系フォントを生成するのです.

例えばメイリオフォントファイルとmeiryoKe_gen_5.00rev1.exeを同じフォルダに置き,exeファイルを実行すれば,MeiryoKe_Gothic, MeiryoKe_PGothic, MeiryoKe_UIGothicのフォントファイルが作られます.


【準備2:ビットファイル抜きのMSGOTHIC.TTCを作る】
こちらのサイトに手順が記述してあります.要約すると以下のようになります.

1)そのページにある「meiryoKeGothic.xml」を入手

2)ttfname3.zip/exeをどこからか入手.例えばこちらのサイト真ん中辺りのリンクから入手できます.

3)そして,「meiryoKeGothic.xml」と「meiryoKeGothic.ttc」を2つ一緒に「ttfname3.exe」へドラッグ&ドロップ.

4)すると「meiryoKeGothic_mod.ttc」というフォントができるので,これを「msgothic.ttc」という名前に変更します.これがビットマップ抜きmsgothic.ttcフォントファイルになります.


【フォント置き換えの実行】
Windows7では通常の方法では,システムフォンを置き換えられません.そこでこちらのサイトにいくつか方法が記載されていますが,私は「方法その2」を採用しました.やり方はそのサイトに記載されている通りです.方法その2の3.のところで,準備2で作ったビットマップ抜きmsgothic.ttcを右クリックしてインストールします.


【確認】
事前確認と同じ方法で「システムの詳細設定」を開きます.するとどうでしょう,カクカクのフォントから滑らかで且つ横幅の広くないフォントに変更されていると思います.これが確認できれば,今回の作戦は成功です.綺麗なフォントでWindows7を使い倒しましょう.

ChangeFont1.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。