スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラッシュディスクランチと無印良品PPケースでCD収納 

もういつの頃からか始めたか忘れてしまいましたが,私は現在700枚以上あるCDのほとんどをタイトルの2つの収納用品の組み合わせで保管しています.

「フラッシュディスクランチ(以下,FDR)/CDソフトケース」については,ネットでたくさんの情報が拾えますが,CD保管時の厚みを元のケースの厚みの約1/3にして保管できる優れものです.背表紙が薄くなる分,目当てのCDを探し出すのはちょっと不便になりますが,昔のアナログLPのように,少し横や上に引っ張りだしたり,少し斜めにすればジャケットの一部が確認できますので,意外と苦労はしません.

そして,厚さを圧縮したCDを収納するには,「無印良品/PPケース・引出式・深型」が丁度良いサイズになっています.FDRで収納したCDを,背表紙を上にしてギリギリちょうど入れられるのです.引き出し式のため,何段もケースを重ねて巨大なCD保管場所を確保することができます.またこのケースは最初から重ねて使うことを想定されていて箱の上下に凹凸があり,上の箱の凸部が下の箱の凹部に嵌り,引き出した時,簡単にはケースがズレないように工夫されています(まあ,思い切り引っ張ればズレてしまいますが).

私の収納はこんな感じです.

800600_01.jpg


アップにするとこんな感じです.

800600_02.jpg


私はこのケース4箱と,34cm×100cmのCD専用カラーボックスとを使って,約700枚程度のCDを保管しています.またこのPPケースは半透明なので,お気入りのCDを一番手前に持ってくれば,1箱につき1枚のジャケットを鑑賞できるという長所?もあります.

FDRとこのPPケースを利用すれば,PPケースを1箱増やしただけであっという間に100枚以上のCD収納スペースが生まれるので,ちょっとしたスペースを確保すれば,当分はCDの収納には困らないと思います.

皆さんも,この組み合わせによる収納,如何でしょうか?


フラッシュディスクランチ/CDソフトケース
http://cdsoftcase.com/

無印良品/PPケース・引出式・深型(幅26×奥37×高17.5cm)
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548076749011


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。