スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UPS(無停電電源)交換 

BE325-JP.jpg


APC社のBE325-JPという機種を多分4~5年使っていますが,先日突如アラームが「ピー,ピー」と鳴って,LEDが点滅し始めました.取扱説明書が見つからないのでWebsiteでDLして調べたところ,「容量不足でもうすぐ電源切断するぞ」という意味の警告音だということがわかりました.説明書には無償交換期間が2.5年と書かれていたので,「さすがに4~5年経てば寿命だろう,交換だな」ということで,信頼感のあるAPC製の新品を探していたのですが,Websiteにバッテリー本体だけ交換できる少しお得なキットの販売ページがありました.

このUPS,コンセントの差込み口が緩くて,ちょっと何かに引っかけるとすぐにコンセントが抜けてしまうという難点があるのですが,配送料,使用済みバッテリーの処理費用も入れて\3,000という価格でしたので,迷わずポチッとしてしまいました.使用済みバッテリーの返却輸送料金はこちら持ちですが,この値段なら全然OKでしょう.
(この抜け対策として,普通の両面テープをコンセントの2つの穴の間に貼って軽く固定する方法を採っています.)

上で「信頼感のある」と書きましたが,これは以下のような出来事があったからです.

続きを読む

スポンサーサイト

PC改造日記 その3 

pc070801.jpg


 最近PCを少し増強.目的は,音は良いがCPUリソースをバカ食いする「Frieve Audio」を快適に使うため.デュアルコアのPCを自作すれば話は早いのだが,現在のTurionマシンの低消費電力性能(=静音化が簡単)が魅力的だし,まだまだ使えると判断して,新規自作は断念.

 とりあえず,グラフィックがオンボードというのは,メモリも使っちゃうし,CPUにも負荷をかけるので,PCIe(PCI特急x16)のグラフィックボードを導入.もちろんファンレスで,ゲームとかやらないから高性能は必要ないということで最近出たAOpenの「S72GS-DLP256X」を選択.ついでに出力をアナログVGAからDVIにチェンジ.

 その結果,デスクトップの再描画や動画再生でのもたつきがほとんどなくなり,デスクトップをクラッシック表示(Win2000みたいな画面ね)し,「オートギア」というフリーソフトで,「Frieve Audio」の優先度を「リアルタイム」にすれば,「Frieve Audio」使用時も,音切れなどが発生せず快適に使用できるようになり,使用中他のソフトは重たくなるけど,まあ満足(本当は優先度いじらなくてもちゃんと動くようにしたいけど,それにはやはりCPUパワーを上げるしかない感じ).

 あと,これとは別に最近突然ブルー画面が出現して,リセットしか対処ができなくなってしまう現象が頻発.当初からたまに出現していたが,最近やや増えたような印象.

 様子を観察すると,どうもシャットダウン時とかのHDDやCPUが忙しいときに出現確率が高い模様.そこで「電源の容量が不足して死んでしまうのでは?」と推察して,電源容量を上げることにした.

 ネットを彷徨っていたら,「eXtreme Power Supply Calculator Lite v2.5」というサイトを発見.そこで必要な電源容量を見積もってみたら,約500Wであることが判明.現在の電源が400Wなので,やはりギリギリであったらしい.

 500W以上の電源を価格.comとかで調べてみたところ,Abee社の「S-550EB」というのが静音性が高く(摂氏50度以下だとファンが止まる!),評価も高かったので,これを購入することに決定.購入といってもBLESS(お気に入り)で通販にしてしまったので,まだ未導入.到着が楽しみ.

 なお,過去の改造履歴は本家の「Etc.」ページを参照のこと.

 Frieve Audioの他に音楽再生ソフトを試したので,その辺りは別途記載予定.Frieve Audio,かなりお気に入り.

Frieve Audio
http://www.frieve.com/frieveaudio/

AOpen Aeolus S72GS-DLP256X
http://aopen.jp/products/vga/s72gs-dlp256x.html

eXtreme Power Supply Calculator Lite v2.5
http://www.extreme.outervision.com/psucalculatorlite.jsp

オートギア
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se293319.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。