私の音楽ライフ(3) ~ foobar2000の設定その1 

foobar_def.jpg


今回は,私のメイン音楽プレイヤーであるfoobar2000(2009/10/27時点での最新版はVer.0.9.6.9)の設定について解説したいと思います.なおfoobar2000の全容については,foobar2000 wikiにまとまっていますので,情報量は膨大ですがそちらにも目を通して置いた方が良いでしょう.また,2chのソフトウェア板にもスレットが立っていますので,参考になさって下さい.更に拙著の記事1記事2記事3もうまくまとまっていませんが,参考になると思います(なお,2chの記事はブラウザで見るより,2ch専用ブラウザ,例えば「Jane Style」などで見ると読みやすいです).


続きを読む

スポンサーサイト

私の音楽ライフ(1) ~ PCをメインにして音楽を楽しむ 

foobar2000_091023.jpg


以前のブログなどでも述べているように,私はPC/Windowsパソコンに音楽データを突っ込んで,それを音楽プレイヤ-ソフトを使って再生して,音楽を楽しんでいます.おそらく400枚くらいあるCDの中から聞きたいCDをCDケースからいちいち引っ張り出して聴くのは大変ですから.また.音楽プレイヤーのソフトのランダム再生機能を使えば,次にどんな曲がかかるか分からないドキドキ感が味わえます.PCが自動ディスクジョッキー君に早変わりします.

以前のブログでも,PCからの音楽再生のやり方などを書いていましたが,どうも内容がまとまっておらず,わかりにくいので(また,使っているソフトが変わっていたりするので),これからのブログでCDから音楽ファイルを作って,PCで音楽を楽しむ方法を解説したいと思います.お楽しみに~.

foobar2000の長所と短所 

foobar2000_091022.jpg


PCでのメインの音楽プレイヤーには,foobar2000を使用しておりますが,このプレイヤーの長所と短所をまとめてみました.

●長所
・音が良い.
 但し,少し高解像度過ぎて,まろやかみに欠ける印象を受けるかもしれません.
 
・対応フォーマットが豊富
 mp3はもちろんのこと,Ogg Vorbis,AAC,FLAC等のフォーマットにも対応しています.

・画面デザインを自由に作れること
 様々プラグインの導入とブログラミングにより,気に入った画面デザインにすることができます.ちなみに私は上記のようなデザインにして使用しています.

・ギャップレス再生対応
 全てのフォーマットにおいて曲間が途切れることなく,再生できます.

・ランダム再生によるオートディスクジョッキー機能
 これは楽しいです.音楽ジャンルを絞ってランダムさせることも可能ですが,全ファイルをランダム再生させるとどんな曲がつながって流れるかが分からなくて,わくわくドキドキもので楽しいです.思わず「そー来るか~」と叫んでしまうほど素晴らしい曲順になることもあります(^^;

・リプレイゲインによる音量調整
 アルバム間で結構異なる音量を一定にする機能です.リアルタイムでは働きませんが,アルバムの音楽ファイル登録後,これをかますと,元データに加工を加えることなく,音楽ファイルのタグとして,ゲイン量を付加してくれるものです.
 但し,へヴィメタル,ハードロック系は少し音量が小さく設定されてしまうようなので,自動でのゲイン設定後,手入力でゲインを微調整しています.自動設定値から2dBくらい上げるとちょうど良いようです.
 この機能によって,全曲ランダム再生時などに音量のバラツキがなく曲を聴くことができます.

Last.fmmixi stationにも対応

●短所
・英語が苦手だとちとつらい
 日本語化DLLも存在しますが,不完全です.また,本体に組み込むプラグインはほとんど海外産なので,機能を知るにしても,ダウンロードするにしても,中学卒業くらいの英語力は必要でしょう.

・デフォルトの画面デザインがしょぼい
 シンプルで良いという感じもありますが・・・

・プログラミング(コーディング)の知識がないとデザインを変えられない
 これくらいは勉強しましょう(笑)

foobar2000に関する情報は,以下の”foobar Wiki”にまとまっています.ぜひ一度ご覧下さい.
 http://foobar2000.xrea.jp/

なお,現在Ver.0.9.6.8を使用しておりますが,特に問題は生じていません.


foobar2000を使う(その4) 

foobar2000_964.jpg


音楽プレイヤーには,しばらく「foobar2000 Ver.0.9.5.4」を使用していましたが,気が向いたのでヴァージョンアップしてみました.

執筆時点での最新版は「Ver.0.9.6.1」でしたが,2chでは評判が良ろしくないこと,「Ver.0.9.5.x」シリーズから「Ver.0.9.6.x」シリーズへのヴァージョンアップで,使えなくなるコンポーネント(=いろいろと機能を強化する追加のソフトウェア群)が出たりして,再度いろいろと設定するのが嫌だったので,「Ver.0.9.5.x」シリーズの最終版「Ver.0.9.5.6」へのヴァージョンアップを試みました.

公式サイトでは「Ver.0.9.5.6」はもうダウンロードできなくなっているぽかったので,グーグルで検索をしたところ他のダウンロードサイトであっさり見つかりました.

ダウンロードして早速インストールし動作確認したところ,使えなくなるコンポーネントや再設定の発生がなく,従来通り問題なく使用することができました.また,音質がこころなしか円やかになったような気がします(多分”気のせい”だと思いますが…)

foobar2000の使い方などについては,本ブログの「オーディオ&PC」のカテゴリーにいくつか記事がありますので,参考にして下さい.


Foobar 2000 v0.9.5.6 (freeware)
http://www.afterdawn.com/software/audio_software/audio_players/foobar2000.cfm/v0_9_5_6

続きを読む

こんなオーディオで音楽を聴いています (その2) 

drdac2.jpg

先日のブログに”ヘッドホンアンプ:AUDIOTRAK/DR.DAC2”が登場しましたが,実はこれはUSB接続も可能なのです.というかこちらの方が一般的な使い方でしょう.なぜなら,USB接続すれば別途音質の良い光出力を持ったサウンドカードを用意する必要がないからです.先日記載した接続でなく,以下のような単純なPCからのUSB接続からでもOKです.

音源:PC /w foobar2000,XMPlay etc.
 ↓
ドライバ:DirectSound(Microsoft標準のもの)
 ↓
(USB端子)
 ↓
ヘッドホンアンプ:AUDIOTRAK/DR.DAC2
 ↓
ヘッドホン:Audio-technica/ATH-AD1000

SE-150PCIからの光接続に比べると微妙に音が変化するようです.購入した当初は「光接続の方がいい音だなあ」と思っていましたが,最近こちらの接続に変更したところ,「USB接続の方が良い音かもしれないなあ…」という感想に変わってしまいました(汗).エージングが完了したからでしょうか?(多分違うと思いますが…)

どちらにしても,このUSB接続のルートを利用すれば,音のしょぼいノートPCもオーディオシステムの核に大変身を遂げさせることができます.興味がある方はぜひどうぞ.



foobar2000他のノイズ対策 

PS2USB.jpg


ちょっと前の話になってしまいますが,新しいPCにしてから,foobar2000(Ver.0.9.4.5)その他のプレイヤーを用いた音楽再生中に文字入力をすると音にクラックルノイズ/Clakle Noise(いわゆるプチノイズ)が混入するようになってしまいました.これは前のPCでは発生していなかった問題です.

CPUが速くなったので「こんなはずはない!」ということで,これの解決のためにfoobar2000の優先度を変えてみたり,出力バッファサイズを大きくしてみたり,サウンドカードの割り込みレベルを変えてみたり,CrystalCPUIDでCPUのクロック変化条件を変えてみたりしてみましたが,1ヶ月ほど解決できず困っていました.

「これはマザーボードのドライバのバグではないか」と半分解決を諦めてかけていましたが,最近になって「もしかしたら,キーボードをレガシーなPS/2接続にしているため,この割り込みによるOverheadが大きく上記ノイズが発生しているのではないか?」という原因を思いつき,早速キーボードをUSB接続に変更しました.

その結果,上記ノイズは見事消滅し,快適な音楽環境になりました.もし,同様の問題が抱えている方がおりましたら,ぜひこの方法を試して下さいませ.

それにしても,以前のマシンでは発生しなかったこの問題.「今更PS/2ポートを使うヤツはおらんだろう」ということで手抜き開発でもされたのたでしょうか?



こんなオーディオで音楽を聴いています 

pma390.jpg


音楽好きなのに,どんな機材を使用しているかを記述していなかったので,今回のブログで公開してみます.

2008年7月19日現在のオーディオシステムはこんな感じです.
(上の写真,しょっと汚いですね.まあ年季が入っていると言うことで・・・)

続きを読む