スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UbuntuStudioデスクトップその3 

また気分転換にデスクトップを変えてみました.しばらくArc的なフラットデザインなデスクトップにしていましたが,やはりフラットデザインは何となく好きではないのでまた一昔前のMac風なデザインに戻してみました.但しアイコンはフラット系の方がわかりやすいのでそのまま残してあります.

フォントはしばらくTakaoPゴシックをメインに使用していましたが,天下のGoogleで開発されたNoto系のフォントの出来が素晴らしいのでNoto系に切り替えてみました.

あと,表示の標準言語は日本語から英語に変更しました.やっぱり日本語だと漢字とひらがなとカタカナが入り混じって今一統一感に欠けるのでアルファベットオンリーの英語にしてみたわけです.あとアルファベットの方が文字数が少ないので使用するメモリも少なくて描画とかが少し速いのではないかと思いまして….でもまあ今のパソコンの能力ならそんなのは関係ないでしょうが,何しろメモリ640KBのMS-DOS時代以前からパソコンを触っているものでどうもその辺りの貧乏性が抜けないようで…(笑)

残りの課題は右上の日付表示から漢字を追い出すこと.どうも今使っているOrange Panel Clockでは標準時を日本に設定してしまうとどうしても日本語表示になってしまうようなので(調査不足かもしれませんが),ちょっと日付時刻表示ソフトを入れ替えたいと思っています.

以下,ソフトウェア情報です.
 デスクトップ環境:Xfce
 状態表示ソフト:Conky
 ドック:Cairo-dock
 テーマ:MacNG
 スタイル:Radiance-Flat-Aqua-Pro
 アイコン:Vivacious-NonMono-Light-Blue
 フォント:Noto Sans Cham / Regular / 9

Screenshot_2017-05-29_full.jpg



後日,4月頃まで使っていたフラットデザイン系のデスクトップ画像もアップしようと思います.
訂正:フラットデザイン系はUbuntuStudioデスクトップその2で公開していましたね.失礼しました.


スポンサーサイト

UbuntuStudio16.04マシンのグラフィック能力 

まあ厳密にはベンチマークソフトではないが,glxgeasでちょっと測定してみた.

$ vblank_mode=0 glxgears
ATTENTION: default value of option vblank_mode overridden by environment.
22142 frames in 5.0 seconds = 4428.370 FPS
20895 frames in 5.0 seconds = 4178.949 FPS
20996 frames in 5.0 seconds = 4199.045 FPS
21583 frames in 5.0 seconds = 4316.384 FPS
20831 frames in 5.0 seconds = 4166.158 FPS

うーん,他のマシンと比較できないがなかなか良い数字ではないのかな?



The minimal Ubuntu は便利 

Lubuntu/Documentation/MinimalInstallのページのDownloadingの項目にある「the minimal Ubuntu ISO」は非常に便利です.ISOファイル自体は60MB程度のサイズと小さく,これから必要最低限度のシステムをPCにインストールして残りのデスクトップ環境などはユーザが必要なものを選択してインターネット経由でインストールできるというシロモノです.


私はこれを256MBのUSBメモリにブートソフトとともに書き込み,USBブートさせました.容量が小さいのであっという間に起動するのは良いのですが残念ながらLive使用はできませんでした.その後,ネットワークから拾ってくるパッケージを選択します.私はXfceデスクトップ環境とUbuntuStudioパッケージを選択してインストールしましたが,ハードディスクに構築されたシステムの大きさはわずか3.4GBでした.デスクトップ環境を使わずにCUIだけならもっと小さなシステムができるのだと思います.


皆さんも出来合いのディストリでなく,自分で環境を構築したいって方は簡単にインストールできるお手軽なminimal Ubuntuは如何ですか?



UbuntuStudioデスクトップその2 

んで,最近その1のデスクトップも飽きてきたので,最近流行りのフラットデザインっぽくしてみました.ちょっとポップな感じで気分転換に悪くはないですね.色も濃い水色系で統一してみました.このデスクトップはxfce-look.orgさんのradiance_noobrmx,Ambiance & Radiance Flat Colors,vivacious-folder-colorsを使って作りました.左上のアプリケーションメニューボタンがMacのアイコンでタイトルがWindowsなのはご愛嬌(^^;


スクリーンショット_2016-04-30_21-21-05 


UbuntuStudioデスクトップその1 

ちょっとMacっぽく設定しました.結構気に入ってこの設定で半年以上使ってたかな.ベースはxfce-look.orgで手に入るMacNGとかいうXfceテーマです.


スクリーンショット_2016-01-26_06-03-00 


mozcのパネルアイコンを小さくする 

Linux-PC(UbuntuStudio14.04)の日本語入力には,皆さんおなじみのfcitx-Mozcを使っているのですが,日本語入力に切り替えると現れるパネル(ツールバー?)のインジケータのアイコンが大きすぎて,日本語入力をON/OFFするたびにパネルの他の部分がカクカク動いて目障りだったので,アイコンの大きさを変更してみました.

1)ルートでファイルマネージャーを開く(例:sudo thunar)
2)/usr/share/icons/mozcフォルダを開く
3)念の為ime_product_icon_opensource-32.pngのバックアップを作っておく
4)ime_product_icon_opensource-32.pngをgimpなどで開いて,32×32ドットの画像の大きさを小さくする(私の環境では22×22が最適でした)
5)編集した画像を上書き保存する

これで終了です.この作業でmozcのアイコンが小さくなり,日本語入力の切り替えのたびにパネルの他のアイコンが動くことがなくなり快適になりました.


preload, tmpfsの導入 

Linux-PCの空きメモリ活用の第2弾です.
まずはpreloadを導入します.preloadとはよく使うファイルを予めメモリに読み込んでおいて起動を高速にするソフトです.基本的にほぼインストールするだけで使えるので便利です.

1)まずはインストールします.インストールするだけソフトは動作します.
 $ sudo apt-get install preload
2)/etc/default/preloadに以下の文を追加してログの出力を止めます.
 OPTIONS="-l /dev/null"
3)preloadを再起動します.
 $ sudo /etc/init.d/preload restart 

これだけです.簡単でしょ?

次はtmpfsの利用です.この機能は特にインストールしなくてもデフォルトで使えます(たぶん)

1)まずは/etc/fstabをroot権限でエディタで開いて以下の文を追記します./tmpのサイズは512MBにしてみました.もっと少なくても良いかもしれません.
 tmpfs /dev/shm tmpfs defaults,noatime 0 0
 tmpfs /tmp tmpfs defaults,noatime,size=512m 0 0
2)システムを再起動します.

こちらもこれだけの作業で簡単です.これ2つの作業だけで幾分PCの動作が軽くなると思います.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。