ブログ比較サイト 

Yahoo!からの引っ越しの時にここを参考にしました.
Livedoorも検討したけど,広告が多くて止めました.
ブログ書くときもHTMLとcssは,わかっていた方が面白いですね.

http://www.ma-mate.com/

スポンサーサイト

菜穂子・楡の家 - 堀辰雄 

nahoko.jpg


『風立ちぬ』に感動し,再び堀作品.これらの作品は一応2つの短編に分かれているが,登場人物は同じであり,同じ小説世界の時間軸の違うものと解釈した方が良い.

『楡の家』の方は菜穂子の母親の手紙(遺書)形式になっており,ちょっと退屈.

『菜穂子』の方は,文体の美しさだけでなく物語としてもドキドキ感があって面白い.けど『風立ちぬ』には敵わないな.
文体の美しさも少し威力低下.読み通しても感動せず,菜穂子の行動もイマイチ理解できず,最後も中途半端に終わる印象.

『風立ちぬ』が気に入ったら読んでみて下さいってところ.

ピーターの法則 

2098527.jpg


昔ヒットした『マーフィーの法則』にも載ってましたね.
「私は無能に成りたくないから出世したくない」なんて…(笑)

ピーターの法則
 「階層社会において、人は無能になるまで出世する」

 「やがて、各階層はその階層の職責を果たせない無能な人によって占められる」

 「仕事はまだ無能なレベルに達していない人によって行われている」

http://gutti.livedoor.biz/archives/50787148.html

上の写真はこちらから
http://blog.so-net.ne.jp/rit/archive/c190993

'Godfather of Soul' James Brown dies 

04_bluesfest_james_brown.jpg


御大ジェームス・ブラウンが亡くなってしまった!

73歳か.何とツアーの途中であったそうな.
最後は病院のベッドだったらしい.幸せな最後だったことを祈るだけ….

赤坂ブリッツで見たのは何年くらい前だろう.
まさしく"the Hardest Working Man in Show Business"の最高のエンターテイメントだった.

ご冥福をお祈りします.
"Your shout remains the same."

合掌(-m-)
http://en.wikipedia.org/wiki/James_Brown
写真はこちらから
http://www.byron-bay.com/bluesfest04/james_brown.html

ヘッドホン - オーディオテクニカ ATH-AD10 

ath-ad10.jpg


普通のオーディオアンプ用には10年くらいオーディオテクニカのATH-AD10ってのを主に使ってます.

こちらは,開放型タイプで音が篭もらず外に拡がっている感じです(スピーカの音場により近い感じ).

でも高音側の音質が煌びやかで妙に明るくて,暗い曲でも明るく聞こえてしまうのが難点でしょうか.
スピーカの裏側にあたるフレームに吸音クッション(100円ショップのフェルト生地)を貼って少し暗い音質(高音抑え,ややこもり気味の音質)に調整してます.クッションの面積,フレームへの固定面積(セロテープで固定という安易な方法ですが…)によって,好みに音質に調整できるので楽しいです.

さすがに最近耳当てカバーが剥がれそうになってきてかなりガタがきてます.
(追記:結局瞬間接着剤で貼り付けてしまいました)

ATH-AD10
http://www.audio-technica.co.jp/products/hp/ath-ad10.html

ヘッドホン - オーディオテクニカ ATH-M30 

ath-m30.jpg


スピーカをガンガン鳴らせる環境では無いので,音の最終出力はもっぱらヘッドホンです.

最近PCに入れたMP3を聞くためには,主に『オーディオテクニカ ATH-M30』って言うスタジオモニタ用のヘッドホンを使ってます.

かなりマイナーな機種らしく,ヨドバシでもレジ横のショーウインドウに入ってるだけだったです.買って中開けたら,プチプチにくるまれている本体が入っているだけで,説明書一枚も無しという潔いパッケージング.

ちなみにかなり上位機種の『ATH-SX1』に到っては記事の通りに白い段ボール箱に品番のシールが貼ってあるだけでした.

『-M30』の方は,実売6000円くらいですけどなかなか良い音です.買ってから4時間くらい装着しっぱなしで使ってたけど全然疲れない.音も疲れにくい気がします.また各パーツも頑丈そうで,さすがプロ向けの機材って感じがします.

許容最大入力レベルも大きいので楽器のモニタにも安心ですね.次は-SX欲しいな.

ATH-M30
http://www.audio-technica.co.jp/products/hp/ath-m30.html

ATH-SX1
http://www.audio-technica.co.jp/proaudio/accessori/head/ath-sx1/ATH-SX1.html
http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/gen/20060405/116171/index34.shtml



Volunteers - Jefferson Airplane / ヴォランティアーズ - ジェファーソン・エアプレイン 

JeffersonAirplaneVolunteers.jpg


一番有名な『Surrealistic Pillow』がとても良かったので,これも買ってみた.
うーん,イマイチかな….
ボーナストラックの『Somebody to love』のライブ版も『フィルモアの…』の方が良かった.

『Wooden Ships』は良かったけど,CS&Nの方が更に良いかも(Woodstockのイントロに流れるんだけど,映像と相まって何か良い感じだった).

The Language of life - Everything But The Girl / ザ・ランゲージ・オブ・ライフ - エブリシング・バット・ザ・ガール 

language.jpg


ずーっと前に買った『Walking Wounded』が,私の嫌いなDrum'n'Bassであったにもかかわらず,「メロディーが良いな」と思っていたので,Amazonでサラっと試聴して,これを買ってみました.一番ポップだったので.

そしたら予想以上に大当たり!
ようはお洒落くさい所謂AOR路線なのですが,やっぱりメロディが良い.それにAOR嫌いじゃないし(笑)

どうもバックが格好いいなあと思ったら,豪華な布陣ではないですか(オマー・ハキム,ヴィニー・カリウタ,ジョン・パティトゥッチ,ジョー・サンプル,マイケル・ランドゥ・・・).これなら外れるわけないやって感じです.

John Patitucciってこんな格好良かったけ? 音も自分の好みだし.自己のアルバムとかの弾きまくりのスタイルはちょっとなあ….

感染症は世界史を動かす - 岡田晴恵 

31661775.jpg


面白かった.2~3日,暇だったら1日で読める.

「世界史を動かす」とあるが,その辺りの説明は割とサラッとという感じ.もうちょっと詳しく説明し欲しかった.年表とタイムスケールとか.

それと最後の「新型高病原性インフルエンザ」の解説がちょっとクドい.同じような文章が何回も出てくる.それだけ危機感があるということでしょうけどね.

それにしても「高病原性」って分かりにくい表現.正確な表現なんだろうけど,一般的には「致死性」とか「悪性」とかにしといた方が,「致死率50%なんだぞ!」っていう怖さを伝えやすいのでは?

とりあえず回折,じゃなくて開設 

ブログと云うものを作ったことがないので,作ってみました.
テキトーに更新します.

最初はYahoo!ブログを使ってみましたが,こちらの方が表示が速いので引っ越してきました.
Operaで表示不具合が出ないので良いですね.

以下,注意事項など.

本ブログの記事は,管理者の私見として述べたものあり,動作や性能を保証したものではありません.情報の信頼性,客観性等については責任を持てませんのでご了承下さいませ.
<(_ _)>