スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VW Golf3のタイヤを交換 

energyxm1.jpg


自分の車(フォルクスワーゲン ゴルフ3/Golf3)のタイヤ(ブリジストン/レグノ/GR-8000)のサイドウォールにかなりひび割れが入ってきたので,新しいタイヤを買うことにしました(いつも使っているガソリンスタンドのマネージャーさんに「これはもう換えた方がいいなあ」と言われた).

Googleでタイヤの安い店を検索していたら,幕張にあるアメリカンな倉庫型スーパーであるコストコ/Costco は,自動車用品店ではないのに,なぜかタイヤとバッテリーだけかなりお安い価格で販売&作業してくれることがわかりました.但し,タイヤはほぼミシュランのみ(バッテリーもパナソニックだけ?)というなかなか変わった品揃え.

コストコは年間4000円(税別)の会費を払って会員にならないと,建物の中に入ることさえままならないという高い敷居があるのですが,今回買いたかったタイヤ「ミシュラン Energy XM-1 185/60 R14」の値引き幅がこれをも帳消しするものでしたので,「エイやっ」と,多分今回の買い物だけのために年会費を払って,ここでタイヤ交換をしました.


続きを読む

スポンサーサイト

青少年インターネット規制法案 

常識的に考えて,『反対』いたします.一体何を考えているのでしょうか?

  ネット規制にばく進する自民党 「有害情報」を流せば懲役刑も 4/4(金)
    - TBN -Today's Best News-


  「青少年インターネット規制法案」が成立すると、日本のネットは完全に死ぬ
    - GIGAGINE


  児童ポルノの単純所持禁止法案について
    - 拙著


  インターネット先進ユーザーの会
  Movements for Internet Active Users (MIAU)



Jeff Healey / ジェフ・ヒーリー 

jeff_healey.jpg


今年の3月2日に亡くなっていたのですね.知りませんでした.デビュー当時,そのパフォーマンスと絡みつくような音色にビックリして,1st.アルバムをすぐに買いに行きました.その後のサークルの夏合宿で,彼の曲を演奏したりしました.

リンク先は,You Tubeにあった「The Saturday Night Live」でのライブ演奏です.おそらくデビューして一躍有名になり,この有名な番組に招かれたのでしょう.

初めてご覧になる方はある意味衝撃を受けるかも知れません.しかし良く聴けば,彼はサーカスを見せているのではなく,自分の出したい音を求めたらこうなったというのがすぐにわかると思います.ちなみにチューニングは”レギュラー”だったと思います,確か.

この曲は上記の1st.アルバムのタイトル曲です.ご冥福をお祈りします.

  Jeff Healey - See The Light (Live)

追記:
後ろのマーカス&オマーのリズム隊も凄いです.小難しいこと演っている彼らより,こういうノリノリの時の彼らの方が僕は好きです.(ビデオのタイトル間違ってますね.ドラマーはスティーブ・ジョーダンではなくて,オマー・ハキムです.)

アーサー・C・クラークの作品は少ししか読んでいないな 

childhood00.jpg


アーサー・チャールズ・クラーク氏が先日亡くなられました.

氏の作品は,『幼年期の終わり』,『2001年~』,『2010年~』,『楽園の泉』,『前哨』などと少ししか読んでいませんが,素晴らしい作品でした.論理+ちょっとした”外挿”で構築された物語は,適度なヒューマニズムで飾られた”適度なハードSF”という印象を持ちました.ちょっと癖がなさ過ぎて,あっさりだなあという感じも持ちましたが・・・(未読作品の中にひねったものがある?).

氏への追悼記念として,『2001年宇宙の旅』をどこかの映画館で上映して欲しいです.前回は2001年に”現実も2001年になりました記念”として上映されたので,実現可能ではないでしょうか(その時も結構お客さん入っていたし).故S.キューブリックの作品は,フィルムで観ないと”美しさ半減”です.

  アーサー・C・クラークの作品群(結構復刻されているようで嬉しいです)


失われた時を求めて8 第五編 囚われの女 - マルセル・プルースト 

du_temps_perdu08.jpg


失われた時を求めて8 第五編 囚われの女 - マルセル・プルースト
井上究一郎訳 - ちくま文庫版(筑摩書房)


    アルベルチーヌとの同棲生活
    パリにおけるヴェルデュラン家の晩餐会
    シャルリュス氏の決定的な凋落

今までの巻も分厚かったですが,この巻は最厚ではないでしょうか.しかも,文章の濃さというか,文の比重のようなものが一段と重くなっていて,一文一文が気を抜けない巻になっています.そのせいで頁の進みが一段と遅くなってしまい,読破するのにかなり時間がかかりました.しかし,いよいよ佳境といった感じで話が盛り上がってきます.

※以下,ストーリーの概略が書いてあるので,知りたくない方は進まないで下さい.

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。