愛する人達 - 川端康成 

川端の短編集です.どの作品も小品であり,大きな物語のウネリのようなものはありませんが,心がちょっと温かくなるものが多くありました.川端の有名作品を読んで彼の作品を気に入った方は,読んでみても良いかもしれません.

収録作品は以下の通りです.

 母の初恋
 女の夢
 ほくろの手紙
 夜のさいころ
 燕の童女
 夫唄婦和
 子供一人
 ゆくひと
 年の暮

私は「夜のさいころ」が気に入りました.

  愛する人達 - 川端康成


スポンサーサイト

AVGからavast!に乗り換え ~アンチウイルスソフト~ 

avast.jpg


アンチウイルスソフトは,ずっとフリーのAVG Ver.8.5 を使っていたのですが,どうも最近パソコン全体のレスポンスが低下しているような気がしていました.そこにちょうどGuitarCrazyKohさんのブログで同様の現象(ファイル一覧表示速度の低下)の記事を見かけたものですから,これを参考にしてavast! Ver.4.8 に乗り換えてみました.こちらもHome Editionであればフリー(無料)です.

上記リンク先のサイトから,日本語版のセットアップファイルをダウンロードしてきて,念のため,LANケーブルを引っこ抜いてネットワークを切断し,AVGをアンインストールしてから,avast!をインストールしました.なお,avast!の無料使用には,メールアドレスの登録が必要ですが,これはメインに使用しているメールアドレスでない,サブのアドレスなどが適当でしょう.

インストール後,ファイル一覧表示や大きなファイルのコピーなど行いましたが,どうも速度が速くなっているようです.やはりAVGがレスポンス低下の原因だったようです.

avast!,お奨めします.

ハイラム・ブロック / Hiram Bullock 

Hiram+Bullock.jpg

ハイラム・ブロックが昨年亡くなっていたことを最近になって知りました.ショックでした.彼のステージは3度ほど観ました.1つはデイビッド・サンボーン・バンドのギターリストとして,よみうりランドの「ライブ・アンダー・ザ・スカイ」の野外ステージで,2回目はソロとして目黒のブルース・アーレーの狭いライブハウスのステージで,そして最後はソロとして青山のブルーノート東京の中くらいのステージで.

彼はフュージョン系のアルバムやツアーにたくさん参加してますが,出している音,フレーズはロックしてるんですよね.音色もふにゃふにゃの変な感じの音なんですけど,彼しか出せない(出さない?!)音色.こんなアクの強い彼のギターがフュージョン系の人にモテモテなのは不思議な気がするのですが,一見はちゃめちゃをやっていそうで実は出していい音,フレーズをちゃんと計算しているのではないかと思います.

でもサンボーンの時もソロの時も”ハイラム・タイム!”となれば,無茶をやってました.サンボーンの時はギターを弾きながら観客席に突入.ライブハウスの時は客の机の上を渡り歩きながらギターソロ.まあほぼ毎回実施する”お約束”なのですが,やっぱり楽しい.サービス精神旺盛.イイ奴です.確か生まれは大阪だったと思います.大阪芸人の血が流れているのかもしれません.

ハイラムのソロアルバムは結構数が出ていたのですが,ほとんどが廃盤になっているようです.その中でもお奨めの3枚を紹介します(”本家”の方でも過去に紹介済みですが)


続きを読む

SF嫌いな人のためのお薦めのSF 

 どれも一般的にも評価悪くないし,読みやすい方だと思うので,一読探検しては如何でしょうか.SFは結構ロマンチックだと思うんだけどなあ.「”論理的”大河ロマン」かなあ.後は想像力.水星の表面にある水銀のプール,木星中心部の金属水素,エウロパの氷の裂け目,火星の大峡谷・・・.


星を継ぐ者
hoshiwo.jpg
 SF+推理小説,というかほとんど推理小説.最初は難解な専門用語だらけで難しそうだけど,途中から加速度的に面白くなっていってドンドン前に読み進んでしまえるでしょう.この作品には続編もあるけど,これだけで読めばOKです.


夏への扉
natuheno.jpg
 一部において,「猫好きは読め」と言われているSFの古典です.ステレオタイプ的な登場人物描写やそんなアホなって箇所,描写もありますが,ややこしい話は抜きの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の元ネタって感じで気楽に楽しく読めます.


渚にて
nagisanite.jpg
 SFと言っても難しい技術が中心ではなく,今の弾薬数でも十分実現可能であろう核戦争後に生き残った人類の最後のお語です.登場人物がみんなよい人ばかりのヒューマニズムあふれる物語で,私は大泣きしました.舞台は今話題のオーストラリアですが,もし本当に核戦争が起こったらこうやって滅亡したい/して欲しいなあと思う次第です.


地球の長い午後
chikyuno.jpg
 確か最初に読んだ早川書房SFシリーズ.SFですが,メカは登場しません.巨大植物が支配する数億年後の地球が舞台.設定,登場人物/植物のアイディアがかっ飛んでいます.物語が進んでいくうちにどんどん泥沼の世界を頭に描いてしまったのですが,最後の数ページで一気に救われました.ある意味キリスト教的天国観を否定しているようにも読めました.


何かが道をやってくる
nanikaga.jpg
 小学生の頃に読んだ「おしいれのぼうけん」のような何とも懐かしく,少し怖く,このオヤジな私にもまだ少しは残っているだろうと思われる純粋な心を揺さぶってくれるような味わいの作品です.SFと言うよりはファンタジーと言った方が良いかもしれません.ブラッドベリは「火星年代記」等の短編集の方が有名ですが,私は敢えてこれを推します.これを読んだ後は,遊園地がちょっぴり怖くなります.


1984
1984.jpg
 これはSFというジャンルではないかもしれないが,アンチユートピア/Anti-utopiaの古典ということで挙げておきます.今の社会だってちょっと道が外れてしまえば,こんな世界になってしまう危険をはらんでいると思います.これに登場する"Big Brother","Doublethink"は,既に他の小説,映画等でIcon/Symbolとしてよく使われています.現在は,googleがBig Brotherに一番近いポジションでしょうか?(笑 読感はかなり重いので注意.”情報は力なり.”


・機動戦士ガンダム(1)(2)(3)
gundam.jpg
 所謂1st.ガンダム小説版と言われているもの.私は最初に出版された「朝日ソノラマ文庫」版を読みました.舞台,年代は1st.ガンダムと同じで,登場人物もほとんど同じですが,設定が少し変えてあって別の話として読める大人向けガンダムです.1st.ガンダム大好きな方なら,これも問題無いでしょう.文体も読みやすく,一気に読めます.”あ~,セーラさ~ん.”