スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノートPC購入 

ノートPC


話は前後しますが,CPU&CPUクーラー交換時に,PCが動かなくなったときの保険として,ノートPCを買っておきました.

モノは,TWOTOPさんのBTOノートパソコン「VIP Note-ST 450M/HD547-HP」と言う製品.これにHDDを320GBから500GBに変更,メモリを2GBから4GBに増設して,Windows7(32bit版)Home Premiumを乗せて,込み込みで約100kという代物.外で使うつもりはないので,画面は大きめの15.6インチの1600×900にした.テンキーも付いている.

で,入手後,システムモニタソフトで実態を探ってみると,中身は台湾のclevo社というところのB5120という機種でした.

大きさの割に軽いし,画面も綺麗だし,良い品物ですが,不満があるとしたら,タッチパットの位置.ちょっと左に寄っているんだよね.真ん中にして欲しかった.それとタッチパットにスクロール機能もついているんだけど,その位置が印刷位置とちょっとずれているんだ.だからスクロールの印のあるところを指でなぞっても,全然反応無し.ちょっとずれたところで動かすとちゃんとスクロールする.うーん,使っていて気持ちが悪い.

あと,後で,Windows7の64bit版を乗せておけば良かったと,ちと後悔.64bit版買ってきて,自分で入れちゃうって手もあったけど,付属のCD-ROMに内蔵機器の64bit対応のドライバが入っているかどうかわからないので,それは断念.

でも,後日,設定途中の強引なユーザフォルダ移動でシステムがめちゃくちゃになっちゃったので,自分で32bit版を再インストールする羽目に.ビクビクしながらも,OS,付属のドライバはちゃんとノートに入ってくれて,見事に復活.これなら,64bit版のドライバを自分でかき集めて,64bit版に変えちゃうのも簡単そうだなとちょと思った.数ヶ月後にやってしまいそうだ…(汗.

スポンサーサイト

Firefoxのキャッシュ場所移動方法 

詳細はこちらのページに記載があります.以下,自己メモ.

【Firefox キャッシュ移動方法】
1. Firefox を起動

2.ツールーオプションー詳細ページでオフラインデータを「今すぐ消去」

3. アドレスバーに ”about:config”と入力 ⇒ Enter 

4. 動作保障対象外の警告 ⇒ ”最新の注意を払って使用する”

5. フィルタ欄に ”browser.cache.disk.parent_directory”と入力し設定の有無を確認

・設定あり;値 = キャッシュの保存場所

・設定なし;何も無い所で右クリック ⇒ 新規作成 ⇒ 文字列 ⇒ 新しい文字列の設定名 = browser.cache.disk.parent_directory で作成

6. browser.cache.disk.parent_directoryの文字列(値)にキャッシュ保存先(\Temp)をフルパスで入力


【キャッシュ移動の確認】
1. Firefox を再起動

2. キャッシュを移動した該当フォルダを開いて,キャッシュファイルができていることを確認する

以上


FLACで圧縮するよ 

散々悩んだあげく,結局ほぼ全ての手持ちのCDを可逆圧縮(ロスレス)のFLAC形式でPCに取り込むことに決めた.もう一々CDを棚から取り出して聴くことはあるまいと思ったので,音質劣化のないこのフォーマットに決めたのだ.

圧縮率は60%程度と悪いけど,全てのCDを取り込んだとしても,500GBには収まるはず.足りなきゃまた2TBのHDDにでも換装すれば良いんだし,容量のことは問題ないでしょう.

ただ問題はポータブルプレイヤーの方,こちらは現在32GBしか容量がないから,入れる曲をかなり厳選しないといけない.まあ最悪64GBのプレイヤーを買ってしまうという手もあるが,今のところそこまではちょっとという感じ.

まあ持ち歩きたい曲ってのもだいたい決まっているから,それだけFLACから他の不可逆圧縮のフォーマットに変換してしまうのも手だ.

さて,今日も1日リッピング三昧だ.

ノイズが入らない 

先日の日記で,急遽構築したサウンドシステムにノイズが混入することを書きましたが,その後ずっと使っていると,全くノイズが入らない時もあることが判明しました.

うーん,常時出ているのなら電源系かなと思ったのですが,こうなると原因がわかりません.電気信号が変化している部分となるとCPUクーラーのファン駆動電流くらいなのですが,それが原因かどうかも定かではありません.

まあ,とりあえず今はノイズが出てないのでOKということで,音楽聴きます.

ノイズが入る 

先日ヘッドホンアンプDR.DAC2が故障したために,急遽組んだ新しいサウンドシステムですが,小さいながらもプチプチという連続したプチノイズが入っていることが判明しました.原因を調べたところ,どうもPCに挿したサウンドカードから出ている模様.サウンドカードのアナログ回路部,電源回路部がPC内部のデジタルノイズの嵐に飲み込まれているようです.やはりPC内部にアナログ回路,電源回路を据えるというのは対ノイズの面ではかなり厳しいのでしょう.高音質を謳っているサウンドカードでもこの有様ですから.もしかしたら私のカードが劣化しているとか,特段私のPCのノイズが多いとかの原因があるかもしれませんが.

ということで,音楽の無音時のノイズには我慢が出来ないので,DR.DAC2 DXというDR.DAC2の後継機種をヤフーオークションで落札してしまいました.本来なら電気店で購入するのが筋ですが,メーカ在庫も無い状態だったので,オークションの方に行ってしまった次第です.

幸運にも価格.comの最安値より安い価格で落札することができたのですが,やはり1週間くらい納期がかかるとのこと.オークションなんだから在庫を持っているはずだと思っていたのですが,そうではないようです.個人業者さんなのでしょうか.

一方,ACアダプタの電圧異常についてのメールの件は,業者から連絡無しです.まあ最初から期待してなかったですが,駄目ですね.このこともあって,後継機種の入手の方に走ってしまいました.まあ旧型より高級な部品を使っているらしいですから,音質に期待してます.ちなみにこちらの方はPCの外にUSB接続するヘッドホンアンプ兼プリアンプで,アナログ回路,電源回路がPCと分離されてますので,基本的にPC内部を飛び交うノイズとは無縁です.但し,USB信号が不安定だと音が途切れたり,プチノイズが乗ったりします.

それにしても今月は出費がかさみます.発端は,CPU交換ですね.それでスピーカーを飛ばしてスピーカー購入.そして,DR.DAC2もいろいろ弄っている(この製品は内部のオペアンプを自分で交換して良いのです!)うちに電源故障.「うーん,車をぶつけた時の修理代よりは安そうだから,まあいいかあ」と自分を慰めてます(w.

DR.DAC2 DXが入荷するまでは,ノイズのストレスと戦いながら音楽を聴きます.

スピーカーセッティング 

先日購入した新しいスピーカー(モニターオーディオ社 RadiusHD R90HD).まあ当たり前ですが,最初壊れたスピーカーと同じ場所に設置したわけです.具体的にいうと部屋の一辺のほぼ角から角.距離にして約3m.部屋全体を音で埋め尽くしちゃおうと考えてこんなセッティングにしていたんです.

で,新しいスピーカーなんですが,同じ場所に置くとどうも音が貧弱というか低音がスカスカ.部屋の外に出ると低音がズンズン聞こえる音量なのに,部屋の中にいるとどうも低音が聞こえない.イコライザーで低音を増強したりしましたが,どうもしっくり来ません.前のスピーカーよりウーハーの口径が小さくなったのでしようがない面もあります.

そこで下した結論が,「この新スピーカーは1.5m以上も遠くから音を聴く代物ではないんだ.ニアフィールド(机の上とか)に置いて聴くものなんだ」でした.

というわけで,幸いいつも座っている場所の近くにスペースがあったので,スピーカーをよっこらしょと移動.スピーカー間の距離は,1.5mと従来の半分.私からスピーカーからの距離も約1m.するとどうでしょう,低音も充分出るし,音の定位,解像度も向上しました.

どうやらこのスピーカーは部屋中を音でズンズンと音で満たして聴くタイプではなくて,小さな部屋でこぢんまりと聴くタイプのようです.

本当は前のスピーカーみたく部屋中を音で満たしたかったけど,そうするとどうしてもサイズが大きくなるし,近所迷惑にはなるしでいろいろ大変なので,このセッティングで満足することとします.

それにしても,前のスピーカー(リニアム社 A-1)はこれよりちょっと大きいだけのサイズだったのに,部屋中を音で満たしてくれました.まあ値段も今のものの2倍でしたけど,よっぽど良い製品だったのでしょうね.それにしても,もう売ってないし,勿体ないことしたなあ.でも原音忠実性能は今の方が上のような感じがします.良い録音は良い再生音に,それなりの録音はそれなりの音に再生してくれます(w.まあどんな録音ものでもそれなりに鳴らすというのも一つの長所なのでしょうが,ピュアに走るとどうしても原音に充実に再生する方向になってしまうようです.

AUDIOTRAK / DR.DAC2 故障 

先日,上記製品のオペアンプ交換の記事を書きましたが,最初は具合の良かった新オペアンプもエージングが進むうちに,何だか地味な味気ない音に変化してしまったような感じになってしまいました.どうも前に比べて音が楽しくない,弾んでいない,高音域が大人しいというような印象です.「これなら前のオペアンプの煌びやかな音の方が良いや」と思い,よせばいいのに夜にまたオペアンプの交換作業に入りました.

これがまたちょっと難儀でした.引き抜いたオペアンプを元に戻すわけですが,オペアンプ引き抜きの際,ICのピンが少し曲がってしまい,ICソケットの穴に上手く入りません(ピンは全部で8本).一度何とか挿入して電源を入れましたが動いてくれません.そこでよく見たら,ICのピンが1本ソケットに入らずに外に曲がっていました.それなので,それを修正して今度は全部のピンがうまくソケットに入っていることを確認して,スイッチオンしました.

ところが今度も電源ランプは光らず,電源さえ入らずです.これはおかしいということでテスターで各部の電圧を測ったところ,オペアンプの電源ピンの電圧は0V,そしてACアダプターの出力の電圧は定格がDC15Vなのに22Vにもなっていました.どうやら何かの弾みでACアダプタが壊れた or 壊したみたいです.

しょうがないので,とりあえず販売代理店に「ACアダプタの電圧がおかしい」旨メールをしました.でも定格以上の電圧が加わってしまったことで,本体の回路が壊れていなければ良いのですが….

もう1年の保障期間も過ぎて2年以上も(私の機材の中では短命な方ですが)この機種を使っているので,新しく出た後継機種(雑誌の賞で金賞受賞!)の購入も検討しましたが,今月はいろいろ出費がかさんだので,とりあえず代理店の回答待ちとしました.ACアダプタ,買ってもいいからそれだけで直ると良いなあと思っています..

現在は,こんなシステムで音楽を聴いています.これもなかなか悪くない音です.

foobar2000(176.4kHzリサンプリング,内部32bit演算)
 ↓
サウンドカード:ONKYO/SE-150PCI
 ↓
(ライン出力)
 ↓
ミキサー:Behringer/UB502/改※
 ↓
(フォンアウト)
 ↓
ヘッドホン:Audio-technica/ATH-AD1000

又は,
ミキサー
 ↓
(テープアウト)
 ↓
プリメインアンプ:ONKYO/A-933(パワーアンプモード)
 ↓
スピーカー:モニターオーディオ/RadiusHD R90HD

※2008年1月頃,UB502を自分で改造したもの.4カ所のオペアンプをOPA2604に交換,出力端への高性能なカップリングコンデンサ挿入,IC付近へのバイパスコンデンサの追加.どこを改造したのか詳細はすでに忘れました(^^; とりあえずモニタ的なフラットで地味な音から,明るく元気で解像度の高い音に変化しました.

再エンコーディング中 

最近,ogg vorbisのクオリティ8(約256kbps)でエンコーディングした音と,クオリティ9(約320kbps)でエンコーディングした音の違いが気になってしようがなくなっていたので,とうとう,クオリティ8以下でPCに取り込んだアルバムは,クオリティ9で再度エンコーディングしてPCの取り込むことにしました.
やはり320kbpsだと音に透明感が出るというか,高音域が特にクリアで綺麗な音になりますね.

でも枚数が半端でないのでいつ終わるかわからないけど,気長にボチボチやります.

あと,CDを引っ張り出してみるとPCに取り込んでいないものが結構あることに気づいたので,こちらも新規でPCに取り込む作業を行います.

作業終了時の私の音楽データは何Gバイトくらいになっているでしょうか?(現在約50GB)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。