スピーカーに御影石 

先日ポチッた御影石のオーディオボードをスピーカーの下に敷く作業をしました.スピーカー自体は安いインシュレータを挟んで木製のラックに乗っているのですが,ラックに音が共振してしまって,全体的に締まりのない音像だったのでこれを解決すべく御影石を下に敷いてその上にインシュレータ,スピーカーを乗せるようにしました.

御影石はこちらのお店で購入しました.
 ビーズアンドオーディオムカイ
 http://www.rakuten.co.jp/auc-mukai

山西黒オーディオボードと言う商品名です.200×150×30mmで一枚2000円はかなり安いと思います,この価格でも全面鏡面加工してあり綺麗です.

御影石設置後早速音を出してみましたが,効果は歴然でした.低音の締まりは良くなり,ラックへの共振も,手で触っただけですぐに違いが分かるくらいに少なくなりました.特にスネアのアタックはとても鋭く聞こえるようになりました.

ただ,低域の音が締まった分,低音の迫力が削がれてしまったため,サウンドプレイヤー(foobar2000)のイコライザーで50~150Hz付近の低音をちょっと足してやったところ,迫力が増しました.

この設定でいろいろな曲(私のサウンドチェック用のリファレンス曲群)を聴いているうちに,明らかに音が明瞭になったこと,低音が締まりのあるものになったこと,プレイヤーソフトのイコライザーで低音を足してやれば低音の迫力も十分出ることを実感できるようになりました.どうやら今回の御影石増設は成功のようです.

皆さんもスピーカーの土台に御影石は如何ですか? ただ,御影石の上に直接スピーカーを乗せるのは良くないみたいです.必ず何らかのインシュレータを挟んでやるのがポイントのようです.

スポンサーサイト

Michelle Pfeiffer - My Funny Valentine 

今日はヴァレンタインデーですね.
それじゃあ,この曲を紹介しないわけには参りません.
先日の日記にも紹介した映画『恋のゆくえ~ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』のエンディングに使われました.ミッシェル・ファイファーの切ない歌声が堪りません.

Michelle Pfeiffer - My Funny Valentine
http://www.youtube.com/watch?v=idu82OU9vdM

ちなみにDVD購入済みですが,事あるごとに何度も観てしまいます.大人の恋愛&兄弟の愛情を描いた極上の映画です.