スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aqualungのイコライザ設定 

Aqualungのイコライザ設定.低域の音が大きいソースでは音割れするので注意.

AqualungEQ設定


スポンサーサイト

Aqualung R-1114 導入 

まず前提として,今私はJackサーバを使ってません.ubuntu Studioを14.04にアップグレードしたら,動かなくなってしまったのです.試行錯誤の末,取り敢えず起動はするようになったのですが,音の出力先である音楽プレイヤーを認識してくれないのです.という訳で,現在はPulseAudio出力にしております.

今まではwaveファイルをaplayで再生していましたが,ここへ来てスピーカー(モニターオーディオ社 RadiusHD R90HD)の低音不足が気になってきました.aplayにイコライザー機能はないし,Jack関連のイコライザーソフトは使えないしということで,致し方なくUbuntu Studio標準の音楽プレイヤーであるAudaciousを,イコライザーで低域を持ち上げて使っていました.それでも何となく線の細い音で,何とかならないかなあと思っておりました.

そこで,音楽プレイヤーの中でネット上で評判の良いAqualungを試してみたました.以前も使ったことがあるのですが,今一ピンと来なかったので使用を止めていたプレイヤーですが,改めて視聴してみるとAudaciousより音の粒が立っていて,音の線も細くないではありませんか.ということで,最近はAqualungをイコライザーで低音を持ち上げて使っていました.

そういう訳でaplayコマンドは使っていなかったのですが,そうなると気になるのが,waveファイルです.waveファイルはタグ機能を持っていないので,音楽プレイヤーに表示される情報もファイル名だけなのです.やっぱり,アーティスト名,アルバム名,曲名くらいはちゃんと表示させたいです.

そこで,再度flac形式のファイルを採用することを検討しました.まずは音質チェックです.いつも音質チェックに使っている「Art Pepper - Meets The Rhythm Section」と「Al Jarreau - Tenderness」のwaveファイルとflacファイルを用意します.それらをaplay, Audacious, Aqualungで再生させて主観的評価になりますが音質を確認してみます.

その結果,やはりaplayでは低音が不足気味,Audacious,Aqualungではイコライザーによって低音を持ち上げられる,AudaciousよりAqualungの方が音の粒立ちが良く,線も太い,Aqualungではwave形式とflac形式でほとんど音質に差がないという結果になりました.

という訳でAqualungでflac形式ファイルを再生すれば,ほとんどwave形式ファイルと区別が付かず,低音の補正ができて,音質も充分満足できるものだという結論に達しました.

その結果を受けて,現在CDからflac形式で再リッピング中です.700枚を超えるCDですが,まあ気長にやって行こうと思います.

後はJackサーバがまともに動けば良いのですが,今のところお手上げ状態です.


Audaciousの設定/オーディオ/出力プラグイン 

自己メモ.ちゃんと動作する設定.

ALSA出力

設定:

 PCMデバイス:
  iec958:CARD=SB,DEV=0
  (HDA ATI SB ALC892 Digital
  IEC958(S/PIF) Digital Audio Output)

ミキサデバイス:
  default(デフォルトミキサデバイス)

ミキサエレメント:
  Master


Audaciousのイコライザ設定 

Audaciousのイコライザを調整してみた.手持ちのスピーカーがRadiusHD R90HDで,低音域がイマイチ物足りないので,低音域を持ち上げてみた.

EQ20140919.png

これくらいの持ち上げが限界っぽい.これ以上だと低音域の音が割れる.場合によってはもっと低音域の持ち上げ方を少なくするかもしれない.

Let's note(CF-T4)メモリ増設! 

本体12,000円,512MBメモリ増設オプション7,500円で購入したLet's note(CF-T4)のメモリを増設して,メモリ1GBから1.5GBにしました.かたつむりチャンネルのこちらのページを参考にしました.ちなみにOSはLubuntu14.04です.

まずはオプションサービスで増設された512MBのメモリを外します.これはメモリを両端で固定している金具を開きながら,メモリを上に上げる要領で簡単に外せました.次にAmazonで2,300円で購入した1GBのメモリを取り付けます.これはメモリをコネクタに差しこむだけで簡単にできました.

そして動作確認です.以下のようにメモリ1.5GBと正しく認識されました.

2014-09-19-1024x768_scrot.png

1GBでも軽快に動作していたLunbuntuが更に軽快に動作するようになりました.

それにしても,最初からこの方法にすれば良かったです.512MBメモリ増設オプションは必要ありませんでした.値段も高かったし….まあ後の祭りですね.しようがない.10,000円かけてメモリを1.5GBに増やしたと考えれば良いでしょう.金額的にはちょっと痛いですが(-_-;


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。