グラフィックドライバ更新で大慌て 

Ubunt Studioのグラフィックドライバには,デフォルトのメインメニューの「追加のドライバー」から簡単にインストールできるプロプライエタリのAMD Catalyst Control Centerを使用していたわけですが,最近最新版(Rev.15.9/Ver.15.201)が出たということで,更新してみることにしました.

まずはAMDのサイトに行って,インストーラーをダウンロードします.ところがサイトに行ってみると,Catalyst単独のインストーラーといくつかのソフトに分かれているインストーラーが存在しています.どっちを使ったらよいかわかりません.まあ簡単そうだということで,単独のインストーラーをダウンロードして同時に入手したインストールマニュアルの手順に従い実行してみました.

マニュアルを読むと始めに古いドライバをアンインストールせよと書いてあったのでアンインストールしました.そしたら,640x480の狭い画面になってしまいました.まあでもその画面でも作業はできますので,インストール作業を進めました.

しかし,途中でエラーが出てインストールできません.ログを読んでみるとカーネルモジュールのヘッダファイルフォルダの中にversion.hとか言うファイルが見つからないと書いてあります.lsコマンドで確認しても確かにありません.

ということで,単独インストーラーの使用を諦めて個別インストーラーでのインストールを試みることにしました.まずはサイトからダウンロードです.Ubuntu14.04対応のそれらしきファイルをダウンロードしてみると,単独インストーラーと違いdeb形式ファイルでした.これならインストールは簡単です.

ダウンロード後,GDebiを使ってインストールして再起動しました.そしたら何とX-Windowが起動しません.画面はCUIのままで,startxコマンドを発行してもエラーを吐き起動しません.エラーログをチェックしてみましたが,私のスキルでは内容が理解できませんでした.

そこでとりあえず汎用ドライバでX-Windowを立ち上げる方法をサブPCで調べたところ,以下のコマンドで汎用ドライバが入るようです.

 sudo apt-get install xserver-xorg

そこでコマンドを実行して再起動したところ,一応640x480のGUI画面は復活しました.ここから「追加のドライバ」からプロプライエタリドライバをインストールできれば簡単なのですが,どうしたわけかプロプライエタリドライバを選択できません.

うーん,困ったということでもう一度インストールマニュアルを読み返したところ,どうもAMDのドライバで入れ忘れたものがあったようです.これでX-Windowが起動しなかったみたいです.

という訳で気を取り直して取り忘れていたインストーラーをダウンロードして,以下のコマンドで再度インストールしてみました.

 sudo dpkg -i fglrx*.deb

そうしたところ,無事インストールが完了し,再起動後,X-Windowも1920x1200にて無事立ち上がりました.

しかし,Catalystを開いてインフォメーション画面を確認したところ,どうもOpenGLが動いていないようです.ググっても解決法らしきものは見つかりません.ただ「追加のドライバ」からプロプライエタリドライバをインストールした時はドライバは認識していたので,ダメ元で「追加のドライバ」を開いてみました.

開いてみると,fglrxの項目はすでに選択済になっており,選べるのはfglrx-updateの項目だけでした.しようがないのでその項目を選択し適用してインストール完了後再起動してみました.

再起動後Catalystで確認したところ,不思議なことにドライバのヴァージョンとかは変わらずに今度はOpenGLが認識されていました.

まあミスで色々苦労しましたが勉強にもなったということで結果オーライで.でもOpenGLの件は謎です(笑)


スポンサーサイト

Linux-PCにHD6850導入 

だいぶ前にWidnows-PCのグラボをRadeon R9 290Xに交換したために余っていたRadeon HD6850をLinux-PCに組み込んでみました.

今まで使っていたHD6450を取り外して,HD6850を取り付けました.HD6450と違いかなり長い基板で,またケース(Antec Solo)もそれほど大型でないのでサイズ的にはギリギリでしたが,何とか取り付け完了.補助電源もちゃんと接続しました.

んで動作確認したところ,無事動きました.Linuxでは3DゲームをしないのでHD6450との違いは正直よくわかりませんでした.何となくビデオの画質が良くなったくらいかな?

まあせっかく良いグラボがあるのに使わないのも勿体無いので有効活用ということで….

Firefox41改悪対策/New Tab Overrid 

久方ぶりの更新です.

最近Firefoxを41.0に更新(UbuntuStudioなので自動更新)したら,なんとスタートページ,ブランクタブがOperaのスピードダイヤルを真似た(でも似て異なるもの)の強制的に変更されているではないですか! それ勝手に最近使ったページとが表示されて,しかも最悪なことに自分で好きなすスタートダイヤルを設定できないっぽい(いろいろ弄ればできるのかな?).

自分はSuper Startというアドオンで自分で好きなスタートダイヤルを設定可能なページを表示させていましたが,それも強制的に無効にされています.頭にきました.

そこで何とかこの改悪されて新機能を無効にする手はないかと調べたところ,ありました.New Tab Overrideというアドオンです.これをインストールして設定画面のURLを入力する項目にスタートページ,ブランクタブに表示させたいURLを入力するだけです.

私の場合は,上述の通りSuper Startを使っていたので,「about:superstart」と入力しました.そうしたら,ちゃんと従来通りSuper Startのページが表示されるようになりました.

皆さんもこのFirefox41の新しい機能に不満がありましたら,ぜひ試してみて下さい.ちなみにこちらのページを参考にしました.ではでは.