AUDIOTRAK / DR.DAC2 故障 

先日,上記製品のオペアンプ交換の記事を書きましたが,最初は具合の良かった新オペアンプもエージングが進むうちに,何だか地味な味気ない音に変化してしまったような感じになってしまいました.どうも前に比べて音が楽しくない,弾んでいない,高音域が大人しいというような印象です.「これなら前のオペアンプの煌びやかな音の方が良いや」と思い,よせばいいのに夜にまたオペアンプの交換作業に入りました.

これがまたちょっと難儀でした.引き抜いたオペアンプを元に戻すわけですが,オペアンプ引き抜きの際,ICのピンが少し曲がってしまい,ICソケットの穴に上手く入りません(ピンは全部で8本).一度何とか挿入して電源を入れましたが動いてくれません.そこでよく見たら,ICのピンが1本ソケットに入らずに外に曲がっていました.それなので,それを修正して今度は全部のピンがうまくソケットに入っていることを確認して,スイッチオンしました.

ところが今度も電源ランプは光らず,電源さえ入らずです.これはおかしいということでテスターで各部の電圧を測ったところ,オペアンプの電源ピンの電圧は0V,そしてACアダプターの出力の電圧は定格がDC15Vなのに22Vにもなっていました.どうやら何かの弾みでACアダプタが壊れた or 壊したみたいです.

しょうがないので,とりあえず販売代理店に「ACアダプタの電圧がおかしい」旨メールをしました.でも定格以上の電圧が加わってしまったことで,本体の回路が壊れていなければ良いのですが….

もう1年の保障期間も過ぎて2年以上も(私の機材の中では短命な方ですが)この機種を使っているので,新しく出た後継機種(雑誌の賞で金賞受賞!)の購入も検討しましたが,今月はいろいろ出費がかさんだので,とりあえず代理店の回答待ちとしました.ACアダプタ,買ってもいいからそれだけで直ると良いなあと思っています..

現在は,こんなシステムで音楽を聴いています.これもなかなか悪くない音です.

foobar2000(176.4kHzリサンプリング,内部32bit演算)
 ↓
サウンドカード:ONKYO/SE-150PCI
 ↓
(ライン出力)
 ↓
ミキサー:Behringer/UB502/改※
 ↓
(フォンアウト)
 ↓
ヘッドホン:Audio-technica/ATH-AD1000

又は,
ミキサー
 ↓
(テープアウト)
 ↓
プリメインアンプ:ONKYO/A-933(パワーアンプモード)
 ↓
スピーカー:モニターオーディオ/RadiusHD R90HD

※2008年1月頃,UB502を自分で改造したもの.4カ所のオペアンプをOPA2604に交換,出力端への高性能なカップリングコンデンサ挿入,IC付近へのバイパスコンデンサの追加.どこを改造したのか詳細はすでに忘れました(^^; とりあえずモニタ的なフラットで地味な音から,明るく元気で解像度の高い音に変化しました.

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cobo4u.blog87.fc2.com/tb.php/141-dc01821f