Live Under The Sky '90 

本日の名曲シリーズは,私も2日目に観戦した「Live Under The Sky '90」から2曲をお届けします.

あの頃はバブルの真っ盛りで,日本中あちらこちらで野外ライブイベントが行われていましたが,「Live Under The Sky」は,毎回大物が来日するので別格のイベントでした.

90年の1日目のトリは,アル・ジャロウで,2日目のトリは,デイヴィッド・サンボーンでした.トリ以外でも,トリ前がパット・メセニーという何とも贅沢な顔合わせでしたので,2日目に突入した次第です.

この映像を観ると,1日目もかなり熱かったようですが,やっぱりサンボーンは凄かった.ブロー一発で涙が出そうになるなんてこの人くらいでしょうね.私も感激して泣きそうになりました.また,今は亡きハイラム・ブロック君も恒例の会場乱入をやってくれました.これでベースがマーカス・ミラーだったら名盤「Straight To The Heart」と同じリズムセクションとなり感涙ものの豪華布陣でしたがそれは叶いませんでした.それでも格好いい!

1日目のアル・ジャロウもバックがとてつもなく豪華な布陣です.特にドラムのSteve Gadd何て最高のパフォーマンスを繰り広げています.

それにしても,ジャズやフュージョンでここまで大歓声で盛り上がれるライブも今はなかなかないでしょう? ほんと良い時代でした.YouTubeではぜひ大きい画面(右下の矢印ボタンを押す)でお楽しみ下さい.

Al Jarreau - Spain
http://www.youtube.com/watch?v=m7W9wLXJNRk

David Sanborn - Chicago Song
http://www.youtube.com/watch?v=_FJQ9l1K2EU

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cobo4u.blog87.fc2.com/tb.php/179-e174ba06