スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntuのファイルコピーは速い 

CDからリッピング&エンコードしたflacファイルのwaveファイルへの展開を行ったところ,HDD(ハードディスクドライブ)の空き容量が危なくなってきたので,HDDを交換しました.内蔵HDDの中で一番容量の小さかった250GBのHDDを外して,2TBのHDDを取り付けました.この交換で容量に余裕ができたので,冒険半分でHDD1台を丸々Ubuntuシステム(ext4フォーマット)にしてしまうことにしました.まあ正確には,2TBのHDD上に30GB程度だけパーティションを切って使っていたUbuntu10.04LTSの残りの領域全部(約1.7TB)を全部ext4フォーマットにしてしまって,そこにUbuntu Studio 12.04LTSを新規インストールしたわけです.

初期設定なども終了し,いざ他のNTFSフォーマット(Windowsのファイルシステム)のHDDに退避させていたwaveファイル群をext4フォーマットのドライブにコピーを開始しました.そしたらそのコピーの速さに驚きました.先日約300GBのファイル群をUbuntu上からNTFSドライブからNTFSドライブにコピーしたのですが,それにかかった時間は約3時間.そして今日は約400GBの音楽ファイル群をNTFSドライブからext4ドライブにコピーしたのですが,それに要した時間は約1.5時間.先日の半分以下の時間,倍以上のコピー速度です.

まあ,Ubuntu上からntfs-3gというツールを使ってコピーしたから不利な面もあり,Windows上でのコピーよりは遅くなるでしょうが,でもWindows上でコピーしてもUbuntu/Linuxのコピー速度には到底到達できないと考えられます(多分.測定した方がいたがどこのサイトだったか忘れてしまいました.その方の測定でも速度差は倍でした).

ext4のファイルコピー速度は速いと言う情報は事前に知っていましたが,ここまで違うとは驚きです.この事実だけでもUbuntu/Linuxをメインのシステムとして使用する利点は充分あると思いました.

今はWindowsからでもext4ファイルにアクセスできるツールがありますので,Windowsのシステム領域以外のデータ領域は全部ext4フォーマットにしてしまおうかなあとまで思っちゃいました.まあ少し様子を見てから暇を見つけて(と言ってもコピーは睡眠時間中にやらせちゃいますからいつでもできるのですが)挑戦するかもしれません.

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cobo4u.blog87.fc2.com/tb.php/233-646d5e57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。