スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラブル2最終話 

本日FILCOの青軸かな印字なしフルキーボード(FKBN108MC/NFB2)が届きました.そしてドキドキしながら,CPU切替器/KVM(サンワサプライ/SW-KVM2DU)に接続して,動作テストをしてみました.

[ScLock]→[ScLock]と打ったところ,キーボードのLEDが点滅しました.「おっ,これはイケるぞ」と思って[Enter]キーを打ったところ,見事制御系が切り替わりました.何度試してもうまく切り替わります.

KVM.どうやら一般的なフルキーボードであれば,ちゃんと動作するようです.その代わりテンキーレスは駄目でした.何か送信信号パターンが違うのでしょうかね.

それにしても,青軸の打感は最高です.文字を打っていて気持ちが良いです.「きもちいい,キモチイイ,気持ちいい!」という感触です.

という訳で,KVMもうまく動作して,LinuxマシンとWindows7マシンを並行して扱えるようになったので,キーボードが壊れない限り,この構成で数年は使用するつもりです.

ちなみに,余ったキーボード1台はほとんど未使用,新品同然なので,Am○zonに返品処理をお願いしました.そしたら,未使用品と認められて送料を差し引いて全額返金となりました.良かったです.

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cobo4u.blog87.fc2.com/tb.php/261-0a16ee6d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。