スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭典の日,その後 

前回の日記では,やや辛口の批評をしてしまいましたが,改めて何回か観ているとZepの良さがスルメのように感じられます.

ジミー・ペイジ…さすがに速弾きはちょっと今一ですが,バッキング,スローなフレーズなどは冴え渡っております.特に「Since I've Been Loving You」等は絶品のギターソロを展開しております.それになんと言ってもギターの位置が低い!です.往年のベルトのバックルが完全に見える状態ではないですが,ベルトのバックルが見えるか見えないかの位置にギターを構えてます.これは格好良いです!

ロバート・プラント…一部キーを下げた曲もありましたが,後期の曲は完璧な歌唱です.年を重ねたせいか何か凄みのようなものが感じられます.特にスタジオ録音時は車椅子に座って満身創痍で録音した「Presence」からの楽曲はライブのほうが気合が入って歌われており,素晴らしいです.

ジョン・ポール・ジョーンズ…何も言うことがありません.完璧な演奏です.ただやっぱりメインの4弦ベースはパッシブのフェンダージャズベで弾いて欲しかったです.それを端的に感じたのが,フェンダーのパッシブフレットレスプレベで弾いた「In My Time Of Dying」です.あの曲ではパッシブベースのバンド全体を包み込むようなサウンドが再現されていました.

ジェイソン・ボーナム…よく頑張りました.お父さんのような戦車のような重量感はありませんが,いろんなバンドのバックで演奏してきたある意味セッションドラマーの上手さを感じさせてくれました.ビートが正確で安心して聴けるのです.それで普通のドラマーよりは充分ラウド.今Zepを再結成させるとしてらドラマーは彼しか居ないと思わせるものでした.

最後にライブ全体について.往年の1曲30分等の演奏はありませんでしたが,どの曲もコンパクトにまとまっていて聴きやすく,Zep初心者向きの作品ではないかなあと思いました.ブルーレイ映像もとても綺麗ですし.未見の方は是非見て下さいね.輸入盤ならAmazonでフルセットが3000円以下で手に入ります(バカ高い日本盤を買ってしまった私にはちょっとショックでしたw).

Led Zeppelin - Black Dog
http://youtu.be/fpigDGf6vXM

スポンサーサイト

コメント

探偵GODのコメント

確かにね

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cobo4u.blog87.fc2.com/tb.php/270-74ab25b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。