Qmmpサウンドプレイヤー導入 

前の日記の通り,先日までAqualungを使用していましたが,「他に高音質でイコライザーとlast.fm Scrobbler機能が付いた音楽プレイヤーはないだろうか?」と検索しまくってみたら,これ「Qmmp」を見つけました.

取り敢えず音質チェックをしたいので,インストールです.幸いにもこのソフトはUbuntuソフトウェアセンターに登録されているので,同センターからインストールは簡単にできました(但し後述しますが,最新版ではありません)

そしていつものアル・ジャロウとアート・ペッパーのflac形式の音源で音質チェックです.おっ,悪くありません.音質的にはAqualungに似ています.低音は締まった感じで高音は音が粒立っていてクリアーに聴こえるというかそんな感じです.

機能の方もイコライザーで低音増幅はもちろん,Last.fmのScrobblerも問題なく動作します.また嬉しいことにヘッドホンで聴く時に役立つバイノーラル変換出力機能も付いています.また,検索してみるとスキンも非常に豊富で私の定番のMacライクなスキンもありました.

という訳でメインの音楽プレイヤーは,今後これで行くことにしました.約2年ぶりでLast.fmに復帰です.どんどん音楽聴くぞー(笑).

また検索してみると,作者さんのPPA(?)で最新版を配布していることがわかりました.そこで以下のコマンドでPPA登録&インストールをしました.

 sudo add-apt-repository ppa:forkotov02/ppa
 sudo apt-get update
 sudo apt-get install qmmp
 sudo apt-get install qmmp-plugin-pack

これで最新版のQmmpを使えるようになります.

Webサイト:Qmmp Qt-based Multimedia Player

qmmp03.jpg

補足;
イコライザーで低音域を持ち上げているとソースによっては音割れしてしまいます.そういう時はイコライザーをOFFにしています.イコライザーON/OFFをデスクトップから一発でできるのも良い点です.また,イコライザーのプリセットは個別に保存できます.


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cobo4u.blog87.fc2.com/tb.php/302-1bc61e41