Exaileサウンドプレイヤー導入 

先日Qmmpサウンドプレイヤーの導入記を書いたばかりですが,Alsaplayerと比較すると音の粒立ち,厚み,空気感の再生で劣っていることがわかりました.そこでまたネットを調べて,何か音質が良く,Last.fm Scrobblerが使えるプレイヤーがないかと探しました.検索ワードは「player sound quality」などを用いました.

そしたらどこかの英語の掲示板に「何かお勧めのサウンドプレイヤーはないか?」というスレが立っているのを発見しました.そこにはいくつかのサウンドプレイヤーが挙がっていましたが,その中では「Guayadeque」というソフトと「Exaile」というソフトが比較的評判が良さそうに読めました.

そこで試しに聴いてみることにしました.2つともソフトはUbuntuソフトウェアセンターに登録されているのでインストールは簡単でした.そして音出しです.

まずはGuayadequeです.悪くはないですが,特に目が覚めるサウンドではなかったです.それよりも音楽データベースの使い方が直感的でなく使い方がよくわからないという目に合いました.ちょっとこれは使いたくないなあとい印象を持ちました.

次にExaileです.こちらは音楽データベースの仕組みはすぐにわかりました.そこで音出しです.おっ,悪くないです.Alsaplayerに非常に似ている音です.全体的にタイトで,音の粒立ちも良く,音の厚み,空気感もよく再現していると言った印象です.再生/停止ボタンなどもAlsaplayerと同じだったので,「もしかしたらAlsaplayerの再生エンジンを使っているのではないか?」と思わせるほどそっくりな音です.私の耳では違いはわかりませんでした.

機能の方も,プリセット保存機能付きのイコライザー,Last.fm scrobblerが使えます.という訳でQmmpからExaileミュージックプレイヤーに乗り換えることにしました.

設定途中,Last.fmに再生音楽データが転送されてないという自体に陥りましたが,ネットで検索したらYoutubeにちょうど設定方法の解説ビデオがあったので見てみたら,何とデータ転送先サイトのURLは,http://www.lastfm.jp/でなく,デフォルトのhttp://post.audioscrobbler.com/のままで良いことがわかったのでそのように設定したところ,見事に再生音楽データがLast.fmに転送できるようになりました.

ということで,私の希望を満たしてくれるミュージックプレイヤーをGetすることができました.今もExaileで音楽を聴いていますが,非常に満足度が高いです.英語で検索をかけた甲斐がありました.現在のところ,イチオシのミュージックプレイヤーです.何か良いミュージックプレイヤーを探している方は是非試してみることをお勧めします.

Exaile01.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cobo4u.blog87.fc2.com/tb.php/303-5038ec3c