CPUクーラーファン交換 

Linux-PCにてカーネルビルド作業のため,CPUを100%で30分くらいブン回していたら,CPU温度がどんどん上がり,最後には電源が落ちてしまいました.ケースを開けて調べてみたらCPUクーラーのファンが動かなくなっていました.

前にもパーツ交換なのでケースを開けて運転していた時もファンが回ってませんでしたが,「回転数可変でCPU温度が低いから回っていないのだろう」と思っていましたが,今回は明らかにクーラーのヒートシンクが熱くて触れない状態なのに,ファンが回転していなくて「これはおかしい」と気が付きました.

そこで急遽近所のパソコンショップで壊れたファンと同じ120mmファンを購入しました.購入したのはオウルテックのOWL-FY1225PWMというモノ.もちろん回転数可変タイプ(500〜1650rpm)です.帰宅後早速実機に搭載してみましたが音は五月蝿くなかったです.

ネットで買うより圧倒的に値段が高い買い物でしたが,CPUを高温のままにしておくわけにもいかないし,まあ今回は致し方なかったかなと思っています.

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cobo4u.blog87.fc2.com/tb.php/315-48c4fcf7