スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DAC用DC安定化電源を作ってみた 

PCからのデジタル信号はDAC兼ヘッドホンアンプ兼プリンアンプのDR DAC2 DX(オペアンプ交換済み.詳細はこちら)を使ってヘッドホンなりパワーアンプを鳴らしているわけですが,こいつの電源が付属のスイッチングACアダプタと非常に心許ない.一応スイッチングノイズ対策のため大きめのフェライトコアにケーブルを二重巻きにして使っておりますが,やはりノイズの少ないリニアレギュレータの電源を使ってみたいと思い,製作することにしました.

まあ世の中には便利な品物がありまして,プリント基板と使用パーツがまとめて手に入る秋月電子通商の「大容量出力可変安定化電源キット(K-00096)」を組み立ててDR DAC2 DX用の15V/2AのDC電源とすることにしました.本来ならばAC100Vからトランス→ブリッジダイオードを使ってリニアレギュレータの入力電源にするのが普通でしょうが,AC100Vを扱うのは個人的に怖いので(笑)同じく秋月電子で手に入る19V/3.4A出力のスイッチングACアダプタをリニアレギュレータの入力電源とすることにしました.ここから約4V電圧降下させてキレイなDC15Vを出力させるわけです.

組立の方は,付属の説明書に記載されている通り「製作そのものは非常に簡単ですので詳しい説明は省略します」です(汗).まあコンデンサやダイオードの+/-さえ間違えなければ初心者の方でもスンナリ組み立てられるでしょう.特にコンデンサは極性を間違えると煙を噴いて死んでしまうのですぐにミスがわかります(笑)

というわけで完成したものがこちらです.

P4270185x30.jpg


動作確認用に電流制限用の抵抗を使うこと無く取り付けるだけで光る定電流素子付きLEDを付けてみました.でもまあちょっと明るすぎました(^^;

そして実機に接続して動作確認です.使用中はこんな感じ.赤色LEDが妖しく光っています.

UsingPowerSupply01.jpg


ケースにも入れずに剥き出しっちゅうのもなんなんですが,まあ周りにショートさせるものもないし基本的にここに据え置きなのでまあ大丈夫かなと.あとケーブルがゴチャゴチャしてますが,ほとんどのものが普段通電させてないのでノイズなどの心配もないかなと(整理整頓は大切→me).

でDACとパワーアンプの電源を投入したところ問題なく動作しました.DC電源の放熱板も指で触って温かいなあ程度なのでこのキット付属の放熱板で問題ないと思います.

そして音の方ですが聴いてはっきりわかる程に音が芯が太くパワフルな音質になりました.そのお陰でロック系の音源では迫力が出てきます.また低音の歯切れが良くなり(音がサッと立ち上がってサッと消える感じ)サウンドプレイヤーのイコライザーで低音を持ち上げてもブーミーな音になる感じは減りました.

また試しに以前と同じように電源ラインにフェライトコアを入れてみましたがこれが逆効果で音の線が細くなってしまいました.よって現在はフェライトコアは使っていません.

というわけでDC電源の製作は良い方向に行きました.PCオーディオの普及でDACを使っている方は多いと思いますが,ぜひ電源はノイジーなスイッチングレギュレータタイプのACアダプタでなくリニアレギュレータタイプに変えてみては如何でしょうか? 3000円程度の部品購入とハンダ付け作業で簡単に音の変化が楽しめますよ.

おまけ:この回路のパーツは基本的に汎用グレード品で構成されているので特に出力段のコンデンサはオーディオ用のちょっと容量の大きなものに交換してみたいなあと今から企んでおります.



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cobo4u.blog87.fc2.com/tb.php/347-a03bdf7a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。