スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UbuntuStudioデスクトップその3 

また気分転換にデスクトップを変えてみました.しばらくArc的なフラットデザインなデスクトップにしていましたが,やはりフラットデザインは何となく好きではないのでまた一昔前のMac風なデザインに戻してみました.但しアイコンはフラット系の方がわかりやすいのでそのまま残してあります.

フォントはしばらくTakaoPゴシックをメインに使用していましたが,天下のGoogleで開発されたNoto系のフォントの出来が素晴らしいのでNoto系に切り替えてみました.

あと,表示の標準言語は日本語から英語に変更しました.やっぱり日本語だと漢字とひらがなとカタカナが入り混じって今一統一感に欠けるのでアルファベットオンリーの英語にしてみたわけです.あとアルファベットの方が文字数が少ないので使用するメモリも少なくて描画とかが少し速いのではないかと思いまして….でもまあ今のパソコンの能力ならそんなのは関係ないでしょうが,何しろメモリ640KBのMS-DOS時代以前からパソコンを触っているものでどうもその辺りの貧乏性が抜けないようで…(笑)

残りの課題は右上の日付表示から漢字を追い出すこと.どうも今使っているOrange Panel Clockでは標準時を日本に設定してしまうとどうしても日本語表示になってしまうようなので(調査不足かもしれませんが),ちょっと日付時刻表示ソフトを入れ替えたいと思っています.

以下,ソフトウェア情報です.
 デスクトップ環境:Xfce
 状態表示ソフト:Conky
 ドック:Cairo-dock
 テーマ:MacNG
 スタイル:Radiance-Flat-Aqua-Pro
 アイコン:Vivacious-NonMono-Light-Blue
 フォント:Noto Sans Cham / Regular / 9

Screenshot_2017-05-29_full.jpg



後日,4月頃まで使っていたフラットデザイン系のデスクトップ画像もアップしようと思います.
訂正:フラットデザイン系はUbuntuStudioデスクトップその2で公開していましたね.失礼しました.


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cobo4u.blog87.fc2.com/tb.php/350-62335102

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。