スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余り物パーツでパソコン1台組立てた 

いつの間にやらデスクトップPC1台が組み立てられそうな部品群が転がっていたので,LinuxのReal-Time Kernelを載せて音楽再生専用パソコンにしようかと思い,組み立ててみました.

下の写真は余っていた部品達.並べるのも忘れましたがこの他に昔5000円くらいで購入した.nVIDIAとATIのPCIeX16のグラボもありました.

PartsRemained.jpg



CPUはAMD Phenom IIです.メモリはDDR2/2GBの4枚刺しです.

AmdPhenom2.jpg



基本的に上の写真の部品で1台完成してしまうのですが,今更システムドライブにHDDを使うのはもう耐えられない身体なので(汗),120GBのSSDと延長ケーブルなどを追加購入しました.

PartsBuyed.jpg


そしてゴニョゴニョ確か30分〜1時間くらいで作業して半分完成したのがこちら.まだOSインストール作業中のため蓋は閉めていませんし,不要なケーブルをまとめておくこともしていません.また今時のパソコンでないため光り物はありません(笑)

またSSDは3,5インチベイの場所にネジ固定するのも面倒だったので側面に両面テープを貼って,放熱を考慮しケース最下部に縦置きにして貼り付けてるだけにしておきました(笑) まあ物理的可動部分がないので問題ないでしょう.

PcBuildAgain.jpg



んで,Arch Linux 2017年6月版(Arch Linuxにはヴァージョンという概念がない.常に最新版.まあ今のWin10が真似したリリースモデルですな)のインストールは上手く行ったのですが,肝心の光デジタルサウンド出力が一般的なUSBサウンドと同等の96kHzまでしか出力できません.メインのパソコンでは当然のように192kHzを出しているのでこれでは音楽再生専用パソコンとしては失格です.

というわけでせっかく組み立てたこのパソコンはお蔵入りとなってしまいました.まあ将来宅内のファイルサーバにでも使うつもりです.

ではでは


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cobo4u.blog87.fc2.com/tb.php/354-e7564850

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。