スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーカーケーブル交換 

スピーカーケーブルはたぶん10年以上前からMoster Cable XPを使っていましたが,数年前よりスピーカーの配置をニアフィールドに変更にしたことによりかなり長さが余っていたこと,ケーブルのグレードアップでもしてみるかということになり,交換しました.

ケーブル選びはこちらのMyBestさんのサイトを参考にしたところ,前園サウンドラボ(Zonotone)の6NSP-Granster 2200αに興味が湧きました.値段が手頃な割にはシールド被覆のツイストペア線で複合材料.今まで使ったことがない種類のケーブルなので何となく「音が変わるかも?」と思い,これに決めました.長さは2m×2本の切り売りをAmazonさんで購入しました.

商品到着後は写真のように両端を加工しました.青いジャケットがとても綺麗です.これも気に入りました(笑)

SpCableTerm01.jpg



ケーブル交換前はこんな感じでした.XPの透明なジャケットも目立ちますね.お疲れ様でした.

AmpBefore.jpg



その後,6NSP-Gransterを取り付けました.青が目立ちます.

AmpAfter.jpg



さて音出ししてみます.音源には名録音の誉れ高いDonald Fagenの「The Nightfly」を使いました.

soundcheck.jpg



そして感想ですが驚きの結果になりました.

まず音量がでかくなりました.感覚的に30%増しの音量になった感じです.思わずプリンアンプのボリュームを絞ってしまいました.

あと低音域がトンデモなく増えました.前のケーブルを使っていた時,というかは生まれてこの方,大型スピーカーを使ったことがなかったので常に低域のボリューム不足に悩んでいて,如何に低域を稼ぐかを工夫してきました.今回のスピーカーは背面にバスレフ開口を持つブックシェルフスピーカーだったのでスピーカーの後ろに大理石の位置を置いて,開口から出る低音を反射させて前面に持ってくるようにして低域を稼いでいましたが,そんなのは全く不要になりました.むしろ普通に設置していても低音が出すぎるくらいです.音楽プレイヤーのパラメトリック・イコライザーも以前は低音を増幅していたのですが,ケーブル交換後は増幅無し,周波数によってはカットする方向に調整しています.

そして,このケーブル交換で一番凄かったのは音像の再現性と言ったら良いのでしょうか.とにかく2つのスピーカの間の空間に各楽器の音源が定位しています.特にセンターにくるボーカルやサックス,ドラムなどはまるでセンタースピーカーが設置してあってそこから発音されているくらいはっきりと定位してします.良い意味で左右のステレオスピーカーの存在が消えてしまい,自分がスタジオの響きの良いところで座って演奏を聴いているような音場です.これは例え多少音質や解像度が落ちても癖になる再生音です.

というわけで今回のスピーカーケーブルの交換は予想以上の音場,低音域の改善の効果が現れました.皆さんも,特に小型〜ブックシェルフスピーカーで低音不足などに悩まされている方へはとてもお勧めできるスピーカーケーブル交換でした.音がガラリと変わったので今まで散々聴いてきた音楽作品でも新しい感動で聴くことが出来ています.うーん,今回の投資は大成功でした.


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cobo4u.blog87.fc2.com/tb.php/357-24960005

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。