foobar2000を使う(その1) 

foobar2000.png


foobar2000 Ver.0.9.4.5を使う

★概要
 海外製の高音質な音楽再生ソフト
 ほとんどのメジャーな圧縮音楽ファイルを,デフォルトで再生可能(一覧はこちら
 ユーザインタフェース(UI)系のプラグイン(コンポーネント)や,音質向上を目的とするASIO出力,カーネルストリーミングプラグイン等の使用が可能
 派手なスキンなどの装飾が比較的少ないので,軽い起動と動作が可能
 但し,UI系のプラグインを入れて,細かい設定をすれば,格好良い見た目になるが,オリジナルのものを作るには難易度が高め

 各種プラグインをいろいろ入れないと気に入ったものにならないのが弱点と言えば弱点か?
 日本語化ツールなどもあるが,基本的に海外製ソフトなので,設定をいじる場合は英語がある程度読めないと辛い
 (リサンプリングプラグインを入れた場合,)Lilithよりも音の透明感が良いという印象


★使い方1(基本的な設定)
 foobar2000 Ver.0.9.4.5をダウンロードします(Ver.0.9.5はまだ使ったことないので,どんな感じかはわかりませんが,比較的大幅な更新のようです).foobar2000 wiki日本語サイトからリンクが貼られていますので,それを辿って入手して下さい.その後は,foobar2000を導入します.詳細はfoobar2000 wiki日本語サイトに詳しいので割愛します.

 私は英語のまま使用していますが,日本語化ツールもあるようですので,対応ヴァージョンに注意して使ってみて下さい.ちなみに英語のままでも日本語ファイルの,タグの読み書きは可能です.

 後は,foobar2000を起動すれば,一般的なファイル形式の音楽は普通に聴けます.それにアルバム毎にばらつきのある音量を調整する”Replay Gain”も使えるし,ファイルのタグ情報の編集も簡単にできます.使い方はfoobar2000 wiki日本語サイトをどうぞ(汗)

 普通に使うにはデフォルトでも十分ですが,見た目がシンプルすぎるのと,少しでも音質改善をしたかったので,いくつかプラグインを入れました.また,便利な機能も追加してみました.


★使い方2(プラグインの追加)
 追加したプラグインは以下の通りです.

・Columns UI
 見た目をいろいろ変更できるようにします.使い方は,foobar2000 wiki日本語サイトのColumns UIのコーナーを参照願います.

・Album Art Panel
 演奏して曲のアルバムジャケットを表示します.

・Album List Panel
 PCをスキャンして演奏者名,アルバム名などのデータベースを作成し,ツリー表示をします.もちろんソートやフィルタ機能有り.

・Kernel Streaming
 OSのサウンドミキサーを介さずに,サウンドカードに直接データを流し込みます.OS内部でデータのビット長などが変換されるのを回避できるため,音質劣化を防げるらしいです.

・ASIO output
 Kernel Streamingと似たような感じで,やはりOSによる不用意なデータ改変の防止用です.こちらはASIO対応のサウンドカード,又はASIO4ALLが認識できるサウンドカードにASIOに対応したデータを流し込みます.ASIO4ALLについては,本ブログのこちらのページをご覧下さい.

・Resampler (Secret Rabbit Code)
 リサンプリングを行い,22kHz以上の不可聴音域も生成して,高音質化を狙うプラグインです.CPUパワーの消費量が大きくなるので気をつけて下さい.主観的にはシンバルやトランペットの音とかがきれいに聞こえるように感じます.

・Bauer stereophonic-to-binaural (BS2B) DSP
 (特に密閉型の)ヘッドホンやイヤホンを使用するときに発生する頭内定位を解消し,音に広がりを持たせます.スピーカ出力では不要です.また開放型のヘッドホン(ATH-AD1000)でも使わない方が良い感じでした.

 これらのプラグインの圧縮ファイルをダウンロードして解凍して,プラグイン本体(dllファイル)をfoobar2000をインストールしたフォルダの下の”plugin”フォルダ(通常はC:\Program Files\foobar2000\components\)に入れた後にfoobar2000を起動すれば,これらのプラグインを使えるようになります.


 その他に,foobar2000から,”Album Art Downloader”というソフトを呼び出されるようにして,アルバムジャケットの画像ファイルをネットから探してダウンロードし,foobar2000の”Album Art Panel”画面に表示できるようにしています.

 ちなみに上記の画像が現在のUI画面です.また,この画面の時のColumns UIのLayout設定は以下のようになっております.もう少し格好良くしたいなあと思っております.

foobar2000_UI.png


 細かい設定とかいろいろあるので,頑張ってオリジナルなfoobar2000を構築してみて下さい.


★リンクとか
 公式サイト
 http://www.foobar2000.org/

 foobar2000 wiki日本語サイト
 http://foobar2000.xrea.jp/
  プラグインはこの辺り
  Album Art Downloaderはこの辺り

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cobo4u.blog87.fc2.com/tb.php/43-c3f1fe94