スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

rad. のライブに行ってきました 

Rad_EastBabe2007_600.jpg


 rad. 2007 Tour Member
  Billy Johnson - Drums
  Marc van Wageningen - Bass
  Eric Leeds - Saxophone
  Ray Obiedo - Guitar
  rad. - vocals & keys

もう3ヶ月前の話になってしまいますが,rad.のライブに行ってきました.前の記事でも書いたように,新しいアルバムを買っていなかったので,会場で買ったら,本人よりサインを頂戴いたしました(写真).ラッキー! 「Gotta Be,聴きたかったよー」と話したら,「今度やらなくちゃね」って言ってました.彼女,凄く小さかったです.150cmくらいでした.でもパワフル.

ライブは,お客さん少なくて盛り上がりはイマイチだったけど,目の前の席(歌いながらのキーボードの手元が見える位置)で,良かったです.歌いながら,めちゃくちゃ複雑なキメを演ってしまっていて,凄いです.歌も難しそう.

バンド(殿下=Princeのツアーメンバー!)全体としては,ギターの元気なおっちゃんのカッティングが,全体を引っ張っている感じでした.JBの時もそうでしたし,Chicも言わずもがな.ファンクものはバッキングのギターが重要なのですね.

ドラムもガルバルディほどではなかったですが,似たタイプのプレイで格好良かったです.

ベースは,イマイチでした.ロッコみたいな16分音符のミュートを繰り出すタイプなのですが,なんか淡々としすぎて乗れませんでした.出音もアクティブピックアップの音拾いの良さに頼っている感じで,好きな音ではありませんでした.客が少なかったのでヤル気が出なかったのかもしれません.サックスの人も.

ステージのすぐ傍だったので,PAを通していない生音を聴けていろいろと勉強になりました(最近,ステージ脇狙い,モニター音聴きに嵌っています).

新しいアルバムの方も,「Gotta Be」程ではなかったですが,良かったです.なんかアルバム毎にキメが複雑になっていくような….数曲,キメの符割りが全くわからないのがありました(汗).
 

そうそう,彼女,娘さん(だったかな?)が生まれて,一緒にツアー回ってるみたいです.旦那はプロデューサーとして一緒に回っています.世界で働くお母さん(とお父さん)一家ですね.

それと,偶然,大学の軽音サークルの先輩(ベーシストのO先輩.タイトなリズムの激ウマプレイヤー)にお会いしました.うーん,マウントフジジャズフェスティバル2003/Mt.Fuji Jazz Fes.2003 でも,ブルーノート東京でも数回,軽音関係者に遭遇してるので,みんな同じような趣味趣向なのですね.軽音メンバー集団で出かけた六本木ピットイン/PitInnが懐かしい~.


関連リンク
 radMusic
 試聴コーナーあります.”Tour Dates”ページの2007/12/19現在の写真がまさしく私の観たステージの雰囲気でした.


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cobo4u.blog87.fc2.com/tb.php/45-33f01a5b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。