スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーサー・C・クラークの作品は少ししか読んでいないな 

childhood00.jpg


アーサー・チャールズ・クラーク氏が先日亡くなられました.

氏の作品は,『幼年期の終わり』,『2001年~』,『2010年~』,『楽園の泉』,『前哨』などと少ししか読んでいませんが,素晴らしい作品でした.論理+ちょっとした”外挿”で構築された物語は,適度なヒューマニズムで飾られた”適度なハードSF”という印象を持ちました.ちょっと癖がなさ過ぎて,あっさりだなあという感じも持ちましたが・・・(未読作品の中にひねったものがある?).

氏への追悼記念として,『2001年宇宙の旅』をどこかの映画館で上映して欲しいです.前回は2001年に”現実も2001年になりました記念”として上映されたので,実現可能ではないでしょうか(その時も結構お客さん入っていたし).故S.キューブリックの作品は,フィルムで観ないと”美しさ半減”です.

  アーサー・C・クラークの作品群(結構復刻されているようで嬉しいです)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cobo4u.blog87.fc2.com/tb.php/65-835df615

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。