Linux(ubuntu 8.04 日本語版)を導入  

Screenshot031.png


生まれて初めて”Linux”なるものを自分のPCに導入してみました.ディストリビューションは,現在人気の”ubuntu”(”ウブントゥ”と読むらしいです.自分は”ウブンツ”って発音しちゃってます)の”Ver.8.04 日本語版”です.WindowsXPとubuntuのデュアルブート可能な状態にしました.

いやー,最近は難しいコマンドを打たなくてもWidowsXPのように,ウィザードで簡単に導入できてしまうのですね.先にWindowsが導入されてしまっていて,HDDの新しいパーティションを作る領域が無い場合でも,未使用ファイル領域が十分にあれば,導入時にubuntu付属のパーティション操作ユーティリティでWindowsのパーティションの一部を開放して,ubuntu用のパーティションを作成してくれるので,簡単にubuntuを導入することができます(但し,パーティションの操作はデータ消去の危険を伴うので,事前のバックアップは必須です).

また,HDDに導入しなくても,CD-ROMからOSを起動してこれを使うことができるので,どんなものなのかお試しに使ってみて,気に入ったらHDDに導入するという方法も採れます.

使用感をWindowsXPと比較してみました(当社比).

・デスクトップ
 ubuntuの勝ち.アイコンのデザインはMacっぽいスッキリしたもので格好良い.ウインドウのアニメーションもMacそっくりのなかなか格好良いもの.そういえばMac OSXの中身ってBSD Unixでしたね.

・フォント
 ubuntuの勝ち.Macっぽい太めゴシック(名前は”IPAモナー”系フォント).ちょっとボケた感じなので苦手な方もいるかもしれないけれど,個人的には許せる範囲.

・応答速度
 起動時間は同点.シャットダウン時間はubuntuの勝ち.使用中のウインドウの開閉,ブラウザ,OpenOfficeの起動時間もubuntuの勝ち.ということで,総合点でubuntuの勝ち.

・リソース消費
 標準装備されているシステムモニタで調べたところ,両方とも消費物理メモリ400MB程度,スワップ無しということでメモリ関連は同点.CPUはubuntuの方が使用率がやや高めなので,XPの勝ち.

・ファイル操作
 同点.ubuntuからWindowsXPのHDD内(NTFSフォーマット)のファイルも普通に読み書き,コピー,移動はできるが,逆は不可なのでubuntuの勝ち.ファイラ(エクスプローラ)の操作性はXPの勝ちということで,総合点は同点.

・日本語入力
 標準のFEPはなかなかイイ線を行っているが,Atok2008よりは性能劣ることは確か.XP標準のIMEは使用したことがないので,比較不能ということで評価保留.Atok for Linuxもあるようなので我慢できなくなったらこれを購入するという手もあり.

ということで,全般的にubuntuの方が良いという結果になりました.うーん,Windows危うしですね,これは.

この記事も”ubuntu”上で動いている”FireFox”を使って,”FC2 Blog”の管理画面から書き込んでいるわけですが,このような使い方なら”Windows”は必須ではなくなっているのですね.これは,Microsoftも慌てるわけです.

おまけにサウンドプレイヤー(デフォルトで導入されるiTuneライクなプレイヤー”Rhythmbox”や,別途導入した”Kaffein”)もなかなか高音質ですので,実際,ubuntuがメインのシステムになりつつあります.

でも,やはりパソコンの仕組みはちゃんと理解していないとセットアップとかに苦労するので,やはり基本(”コマンド”とか,”ディレクトリ”とか,”パーティション”とか,”ブート”とか,”テキストエディタ”とか・・・の概要)は理解しておいた方がよいですね.少なくともWindows2000とかXP とかの導入,不具合時の対応は楽々こなせないと厳しいと思います.あと,英語もある程度は読めないと厳しいでしょう.


取り合えず以下のOS,ソフトウェアを導入しました.

ubuntu 8.04 日本語版
 今回のメインイベンターであるOSdです.ここからCDイメージファイル(isoファイル)を入手します.
このファイルを使ってBootable Install CDを作成し,これを使ってまずはCDから起動してお試しに使ってみて,気に入ったらHDDに導入という手順を採ります.気に入らなかった導入しなくても良いという親切設計です.

・OpenOffice 2.4
 ubuntu 8.04と一緒に自動導入されます.

・Firefox 3.0
  ubuntu 8.04と一緒に自動導入されます.ついでにツール|アドオンからFireGesture(マウスジェスチャー)も入れちゃいましょう.でもFlashプレイヤーから音が出ません.有名な不具合らしいですが,どうも解決法方法よくわかりません.勉強不足ですね.

AVG Free for Linux
 Win版でも有名なフリーのアンチウイルスソフトの定番.ダウンロードサイト”Cow&Scorpion”からDebianパッケージを入手して導入.ubuntuはDebianパッケージがベースになっているので,これを使用します.

2ch専用ブラウザ JD
 やはり2ちゃんねるはいろいろと便利なので,2chブラウザを導入.デスクトップメニューの”システム|システム管理|Synapticパッケージマネージャ”を選択すると,オンラインでインストール可能なソフトウェア一覧が出てくるので,ここで”JD”を探して,導入.

・Kaffein Player 0.8.6
 標準のiPodライクなプレイヤーRhythmboxも普通に使えるソフトですが,イコライザー機能が見当たらなかったので,これを入れました.メニューの”アプリケーション|追加と削除”から簡単に導入できます.音質もfoobar2000かそれ以上に良いです.


困っている点は,使っているプリンタ(Canon Pixus 320i)のドライバが存在しないらしく,これを使った印刷ができないこと.それと,これは探せばあるのかもしれませんが,ヘッドホン再生に最適化されたサラウンド機能を持つReplayGainに対応したサウンドプレイヤー,aoTuVベースのoggエンコーダが無いことです(存在するみたいですが,勉強不足で導入方法が不明).

でも,逆に困っている点はこれくらいなので,新規導入時のハードウェアの自動認識と適切なドライバの導入さえクリアしてしまえば,かなりWindowsに近い取扱いができると言えるのではないでしょうか.ubuntuのフォーラムを読むといろいろとまだトラブルはあるようなので,もう一歩というところでしょうか.

今後,Linuxのコマンド,コンパイルを用いたアプリケーションの導入方法等を覚えれば,いろいろと便利なソフト,ドライバを自由に導入することができるようになって,もっと便利に使えるのかもしれません.

取り合えず,これでWindowsの束縛から逃れる手段を見つけられ,少し安心しました.

最近発売された小型ノートPC”EeePC”などのOSも現時点,日本ではWindowsオンリーですが,海外ではすでに”軽い”Linuxも選べます.日本でもLinux版が発売されて使う人が増え,それによってHowtoなどが共有されやすくなることによって,益々使いやすくなり,そして,益々ユーザが増えというふうになってLinuxユーザが増え,OS界のMicrosoftの牙城が崩れるとよいですね(”切磋琢磨無きところに発展無し”です.Mac OSXによってすでに一部崩されているとも言えますが….Macを自作できれば良いなあと重います).



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cobo4u.blog87.fc2.com/tb.php/81-633c79dd