スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーボード復活(FILCO Majestouch 茶軸) 

keyboard.jpg

ちょっと高価ですが,キータッチが絶妙な”茶軸”搭載のダイヤテック社の「FILCO Majestouch」(FKB108M/NW [USB&PS/2対応 日本語108キーボード かななし 白) を最近入手して使っていました.ところが1週間ほど前,キーの上に少しダイエットコーラをこぼしてしまし,その後一部のキー入力が異常になってしまうという最悪な状態になってしまいました(”A”が打てなかったり”ESC”キーが打てなかったり・・・).

一応メーカに修理問い合わせを出したのですが,3日営業日経過しても返事が来ず,業を煮やしていたのですのが,ふと「もしかしたら,乾いて直っているかもしれない」と思い,再度PCに接続して,入力テストを行いました.そうしたら,なんとキー入力の異常が直っていました.これはラッキーです.コーラが乾いたため,復活したのでしょうか?

でも「また壊れるのかもしれない」という不安感はちょっとありますが,キータッチはなかなか良いし(タッチは軽いけど,スイッチが接点に接触するときに”カチッ”とした打ち込み感がある),”カナなし”デザインも気に入っているのでしばらく使ってみようかと思います.

ちなみに予備として同じダイヤテック社の”黒軸”ホワイトも持っています.こちらのキーは重めでかなりしっかり打ち込まないと入力されません.個人的には”茶軸”の方が好きです.

”黒軸”でも,”茶軸”でも,店頭にあったら是非試し打ちしてみて下さい.自分の好きなタッチのキーを押した瞬間,多分”おっ~”と思わず声が出てしまうと思います.ダイヤテックには他に”青軸”やら”ZERO”やらのシリーズがあるようです.

別にダイヤテックの回し者ではありませんが,世の中にいい加減なキーボードが多くて嫌になるのと,人間と機械のインタフェース部分を自分のマッチしたものにすると,それだけで機械が使いやすくなるので,是非気にして欲しいかなと思いまして.

それにしても,ダイヤテックのサポートは・・・.


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cobo4u.blog87.fc2.com/tb.php/86-51a980a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。