インターネットラジオブラウザ「Streamtuner2」 

なかなか良いソフトを見つけました.インターネットラジオブラウザ「Streamtuner2」です.下の画面を見ればわかるとおり,世界中のインターネットラジオへのリンクが一覧表示されます.聴きたいラジオをクリックすると予め設定しておいたサウンドプレイヤー(デフォルトはAudacious)で
聴くことができます.しかし残念ながらWindows,Mac版はないようです.Ubuntuソフトウェアセンターからもインストールできるようですが,最近版はこちらのサイトから入手できるようです.

スクリーンショット_2016-01-30_Stremtuner2


JRiver Media Center 21 for Linux が良い 

UbuntuStudioで使っている音楽プレイヤーのお話です.最近はこればっかり使っています.有償ソフト(Linux版は現時点で$40)ですが,音質は良い,機能は豊富,ジャケット一覧表示機能は便利ということでほぼパーフェクトなソフトウェアです.Windows版,Mac版もあります.また初めてのインストール後30日間は無償で全機能を使えるので,十分納得してから購入することが可能です.音の傾向としては以前メインで使っていたExaileに似ています.また私は持っていないので使用していませんがiPodとの連携もできるみたいです.

機能(エフェクタ)はいろいろ入っていますが,現在私は,192kHzへのアップサンプリング→グラフィックイコライザによる低域・高域補正→パラメトリックイコライザによる超低域・超高域補正→ALSAへの直結出力と言う感じのエフェクタを利用しています.

メーカのウェブサイトはこちらになります.

jriver20160128.png


Exaileサウンドプレイヤー導入 

先日Qmmpサウンドプレイヤーの導入記を書いたばかりですが,Alsaplayerと比較すると音の粒立ち,厚み,空気感の再生で劣っていることがわかりました.そこでまたネットを調べて,何か音質が良く,Last.fm Scrobblerが使えるプレイヤーがないかと探しました.検索ワードは「player sound quality」などを用いました.

そしたらどこかの英語の掲示板に「何かお勧めのサウンドプレイヤーはないか?」というスレが立っているのを発見しました.そこにはいくつかのサウンドプレイヤーが挙がっていましたが,その中では「Guayadeque」というソフトと「Exaile」というソフトが比較的評判が良さそうに読めました.

そこで試しに聴いてみることにしました.2つともソフトはUbuntuソフトウェアセンターに登録されているのでインストールは簡単でした.そして音出しです.

まずはGuayadequeです.悪くはないですが,特に目が覚めるサウンドではなかったです.それよりも音楽データベースの使い方が直感的でなく使い方がよくわからないという目に合いました.ちょっとこれは使いたくないなあとい印象を持ちました.

次にExaileです.こちらは音楽データベースの仕組みはすぐにわかりました.そこで音出しです.おっ,悪くないです.Alsaplayerに非常に似ている音です.全体的にタイトで,音の粒立ちも良く,音の厚み,空気感もよく再現していると言った印象です.再生/停止ボタンなどもAlsaplayerと同じだったので,「もしかしたらAlsaplayerの再生エンジンを使っているのではないか?」と思わせるほどそっくりな音です.私の耳では違いはわかりませんでした.

機能の方も,プリセット保存機能付きのイコライザー,Last.fm scrobblerが使えます.という訳でQmmpからExaileミュージックプレイヤーに乗り換えることにしました.

設定途中,Last.fmに再生音楽データが転送されてないという自体に陥りましたが,ネットで検索したらYoutubeにちょうど設定方法の解説ビデオがあったので見てみたら,何とデータ転送先サイトのURLは,http://www.lastfm.jp/でなく,デフォルトのhttp://post.audioscrobbler.com/のままで良いことがわかったのでそのように設定したところ,見事に再生音楽データがLast.fmに転送できるようになりました.

ということで,私の希望を満たしてくれるミュージックプレイヤーをGetすることができました.今もExaileで音楽を聴いていますが,非常に満足度が高いです.英語で検索をかけた甲斐がありました.現在のところ,イチオシのミュージックプレイヤーです.何か良いミュージックプレイヤーを探している方は是非試してみることをお勧めします.

Exaile01.jpg


Qmmpサウンドプレイヤー導入 

前の日記の通り,先日までAqualungを使用していましたが,「他に高音質でイコライザーとlast.fm Scrobbler機能が付いた音楽プレイヤーはないだろうか?」と検索しまくってみたら,これ「Qmmp」を見つけました.

取り敢えず音質チェックをしたいので,インストールです.幸いにもこのソフトはUbuntuソフトウェアセンターに登録されているので,同センターからインストールは簡単にできました(但し後述しますが,最新版ではありません)

そしていつものアル・ジャロウとアート・ペッパーのflac形式の音源で音質チェックです.おっ,悪くありません.音質的にはAqualungに似ています.低音は締まった感じで高音は音が粒立っていてクリアーに聴こえるというかそんな感じです.

機能の方もイコライザーで低音増幅はもちろん,Last.fmのScrobblerも問題なく動作します.また嬉しいことにヘッドホンで聴く時に役立つバイノーラル変換出力機能も付いています.また,検索してみるとスキンも非常に豊富で私の定番のMacライクなスキンもありました.

という訳でメインの音楽プレイヤーは,今後これで行くことにしました.約2年ぶりでLast.fmに復帰です.どんどん音楽聴くぞー(笑).

また検索してみると,作者さんのPPA(?)で最新版を配布していることがわかりました.そこで以下のコマンドでPPA登録&インストールをしました.

 sudo add-apt-repository ppa:forkotov02/ppa
 sudo apt-get update
 sudo apt-get install qmmp
 sudo apt-get install qmmp-plugin-pack

これで最新版のQmmpを使えるようになります.

Webサイト:Qmmp Qt-based Multimedia Player

qmmp03.jpg

補足;
イコライザーで低音域を持ち上げているとソースによっては音割れしてしまいます.そういう時はイコライザーをOFFにしています.イコライザーON/OFFをデスクトップから一発でできるのも良い点です.また,イコライザーのプリセットは個別に保存できます.


Aqualungのイコライザ設定 

Aqualungのイコライザ設定.低域の音が大きいソースでは音割れするので注意.

AqualungEQ設定


Aqualung R-1114 導入 

まず前提として,今私はJackサーバを使ってません.ubuntu Studioを14.04にアップグレードしたら,動かなくなってしまったのです.試行錯誤の末,取り敢えず起動はするようになったのですが,音の出力先である音楽プレイヤーを認識してくれないのです.という訳で,現在はPulseAudio出力にしております.

今まではwaveファイルをaplayで再生していましたが,ここへ来てスピーカー(モニターオーディオ社 RadiusHD R90HD)の低音不足が気になってきました.aplayにイコライザー機能はないし,Jack関連のイコライザーソフトは使えないしということで,致し方なくUbuntu Studio標準の音楽プレイヤーであるAudaciousを,イコライザーで低域を持ち上げて使っていました.それでも何となく線の細い音で,何とかならないかなあと思っておりました.

そこで,音楽プレイヤーの中でネット上で評判の良いAqualungを試してみたました.以前も使ったことがあるのですが,今一ピンと来なかったので使用を止めていたプレイヤーですが,改めて視聴してみるとAudaciousより音の粒が立っていて,音の線も細くないではありませんか.ということで,最近はAqualungをイコライザーで低音を持ち上げて使っていました.

そういう訳でaplayコマンドは使っていなかったのですが,そうなると気になるのが,waveファイルです.waveファイルはタグ機能を持っていないので,音楽プレイヤーに表示される情報もファイル名だけなのです.やっぱり,アーティスト名,アルバム名,曲名くらいはちゃんと表示させたいです.

そこで,再度flac形式のファイルを採用することを検討しました.まずは音質チェックです.いつも音質チェックに使っている「Art Pepper - Meets The Rhythm Section」と「Al Jarreau - Tenderness」のwaveファイルとflacファイルを用意します.それらをaplay, Audacious, Aqualungで再生させて主観的評価になりますが音質を確認してみます.

その結果,やはりaplayでは低音が不足気味,Audacious,Aqualungではイコライザーによって低音を持ち上げられる,AudaciousよりAqualungの方が音の粒立ちが良く,線も太い,Aqualungではwave形式とflac形式でほとんど音質に差がないという結果になりました.

という訳でAqualungでflac形式ファイルを再生すれば,ほとんどwave形式ファイルと区別が付かず,低音の補正ができて,音質も充分満足できるものだという結論に達しました.

その結果を受けて,現在CDからflac形式で再リッピング中です.700枚を超えるCDですが,まあ気長にやって行こうと思います.

後はJackサーバがまともに動けば良いのですが,今のところお手上げ状態です.


Audaciousの設定/オーディオ/出力プラグイン 

自己メモ.ちゃんと動作する設定.

ALSA出力

設定:

 PCMデバイス:
  iec958:CARD=SB,DEV=0
  (HDA ATI SB ALC892 Digital
  IEC958(S/PIF) Digital Audio Output)

ミキサデバイス:
  default(デフォルトミキサデバイス)

ミキサエレメント:
  Master