スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外付けUSB-HDDへのバックアップで悪戦苦闘? 

2TBのSATA-HDDが1台余っていたので,「Windows-PCに突っ込んで,/homeフォルダの二重バックアップ(取り敢えずPCの内蔵HDD同士ではミラーリングを行っている)に使おう!」と思って,作業に取り掛かったのですが,どうもLinuxとWindowsの違うPC同士.どうもバックアップがこちらの希望通りに動作しません.ちゃんと勉強すれば最適なやり方があるのでしょうが,取り敢えず私の知識&情報検索力では駄目でした.

んで,どうしようか?と考えてましたが,「そーだ.外付けHDDケースを買ってきてLinux-PCにUSB3.0接続すれば良いんだ」と思いつきまして早速外付けHDDケースをAmazonでポチりました.モノは玄人志向の外付けUSB3.0の3.5インチSATA用HDDケース「GW3.5AA-SUP3/MB」.3000円でお釣りが来るものです.

晩過ぎにモノが宅急便屋さんから到着したので,早速ケースをバラして2TBのHDDをケースに挿入してネジ固定.USBケーブルをLinuxマシンのUSB3.0ポートに接続してACアダプタをコンセントに接続して電源投入しました.

ところが,Linuxマシン君はUSB-HDDを認識しません.試しにWindowsマシンに接続した場合はちゃんと認識します.また押し入れの奥で眠っていたWindowsで動作確認済みの160GBの外付けHDDも認識しません.

うーん,困ったということで,システムログを読んで問題がありそうなメッセージをいろいろとググって調べたところ,「うーん,これはもしかしたらLinuxカーネルの問題かも」と判断しました.

ということで,最近メインで使用しているKernel:4.1.18-Lowlatencyの代わりに古いKernel:3.13.0-Lowlatencyで起動してみたところ,こちらではちゃんと外付けHDDを認識しました.

その後,Kernel:4.1シリーズについて調べたところ,どうも外付けUSB-HDDの認識にバグがあるような記述が….そして,「カーネルを4.3とかにすれば解決するよ」みたいな英語の記述が見受けられたので,「えーい,カーネルのヴァージョンアップをしてしまおう!」ということなりました.

kernel-ppaサイトからKernel:4.4.2-Lowlatencyのdebファイルをダウンロードしてきて,GDebiを使ってインストールして(あとfglrxドライバもアンイントールして)システム再起動しました.

そしたら,見事外付けUSB-HDDを認識し,バックアップも問題なく動作しました.やはりKenel:4.1.xシリーズにはバグ?があるようです.ということで,rsyncコマンドを使った簡単なシェルスクリプトを書いて外付けHDDのマウント,指定フォルダのミラーリング,ログ出力を自動化しておきました.

内蔵HDDを使ってのデータミラーリングは毎日行っているので,こちらのミラーリングは1週間に一度くらいのペースで気が向いた時にやれば良いかなと思っています.

ところで機材収集するために押し入れを漁っていたら,なんとほぼ未使用の外付けHDDケースが出てきました.でもそちらはUSB2.0までしか対応していなかったので新しく買ったUSB3.0対応品は無駄ではなかったかな?と思っています.


続きを読む

FX-8150をオーバークロック 

LinuxのUbuntuStudio14.04LTSを走らせているPCは今までAMDのFX-8150を定格クロック(最大3.6GHz)で使用していましたが,BIOSの設定で簡単にオーバークロックできることがわかったので挑戦してみました.なおカーネルは自分でビルドした4.1.15-lowlatencyを用いました.

★CPU電源電圧=Auto(定格)時
→4GHzまでオーバークロック可能.UnixBenchも完走.System Benchmarks IndexScore=3177.0.CPUの温度上昇も殆ど無し.
  
★CPU電源電圧=最大(1.365V)時
→4.4GHzまでオーバークロック可能.但し,UnixBenchは完走せず途中でハングアップ.CPUの温度は定格使用時より10℃程度上昇.

ということで,FX-8150の最大クロックは4GHzに設定して使用することにしました.


CPUクーラーファン交換 

Linux-PCにてカーネルビルド作業のため,CPUを100%で30分くらいブン回していたら,CPU温度がどんどん上がり,最後には電源が落ちてしまいました.ケースを開けて調べてみたらCPUクーラーのファンが動かなくなっていました.

前にもパーツ交換なのでケースを開けて運転していた時もファンが回ってませんでしたが,「回転数可変でCPU温度が低いから回っていないのだろう」と思っていましたが,今回は明らかにクーラーのヒートシンクが熱くて触れない状態なのに,ファンが回転していなくて「これはおかしい」と気が付きました.

そこで急遽近所のパソコンショップで壊れたファンと同じ120mmファンを購入しました.購入したのはオウルテックのOWL-FY1225PWMというモノ.もちろん回転数可変タイプ(500〜1650rpm)です.帰宅後早速実機に搭載してみましたが音は五月蝿くなかったです.

ネットで買うより圧倒的に値段が高い買い物でしたが,CPUを高温のままにしておくわけにもいかないし,まあ今回は致し方なかったかなと思っています.

Linux-PCにHD6850導入 

だいぶ前にWidnows-PCのグラボをRadeon R9 290Xに交換したために余っていたRadeon HD6850をLinux-PCに組み込んでみました.

今まで使っていたHD6450を取り外して,HD6850を取り付けました.HD6450と違いかなり長い基板で,またケース(Antec Solo)もそれほど大型でないのでサイズ的にはギリギリでしたが,何とか取り付け完了.補助電源もちゃんと接続しました.

んで動作確認したところ,無事動きました.Linuxでは3DゲームをしないのでHD6450との違いは正直よくわかりませんでした.何となくビデオの画質が良くなったくらいかな?

まあせっかく良いグラボがあるのに使わないのも勿体無いので有効活用ということで….

結局ノートPC注文した 

結局外したキーがうまく嵌らないので(瞬間接着剤を使ってもダメだった),このPC(Let's note CF-T4)は引退させることにしました.性能的にもYoutubeの再生を行うとCPU使用率が100%になってしまうので,パワー不足でした.稼働期間約1.5月の短い生涯でした(-m-)

それで次に買ったのもLet's note CF-T8の中古.今度はCore2Duo,メモリ2GBの品です.これなら映像再生でもCPU使用率が100%になることはないかと思います.ちなみに価格は約2万円.

実は新品のLavie Zと迷ったのですが,あちらは11万円.13.3インチに2569×1440という自分の24インチデスクトップよりも画素数の多いディスプレイ.これは文字がかなり小さくなってしまうなと心配し,購入は踏み止まりました(笑)

それに取り敢えずノートは仕事で使うわけでなく,主に深夜のマクドでの使用に限りますので(笑),高い機種を買うことはないかなと思いまして.

OSはまたLubuntuを入れることになりそうです.CF-T8なら,「Ubuntu入れてみたよ」というサイトがいくつかありますので,それらの情報が役に立つかと.



キーが嵌らない 

ここのサイトを見て,Let's noteのキーを外してみたら嵌らなくなったぞ.型番が違うからキーの構造が違うのか? 致し方ないので,アロンアルファでキーを接着してみたけど,不安定.こりゃ,お釈迦か? (T_T)

Let's note(CF-T4)メモリ増設! 

本体12,000円,512MBメモリ増設オプション7,500円で購入したLet's note(CF-T4)のメモリを増設して,メモリ1GBから1.5GBにしました.かたつむりチャンネルのこちらのページを参考にしました.ちなみにOSはLubuntu14.04です.

まずはオプションサービスで増設された512MBのメモリを外します.これはメモリを両端で固定している金具を開きながら,メモリを上に上げる要領で簡単に外せました.次にAmazonで2,300円で購入した1GBのメモリを取り付けます.これはメモリをコネクタに差しこむだけで簡単にできました.

そして動作確認です.以下のようにメモリ1.5GBと正しく認識されました.

2014-09-19-1024x768_scrot.png

1GBでも軽快に動作していたLunbuntuが更に軽快に動作するようになりました.

それにしても,最初からこの方法にすれば良かったです.512MBメモリ増設オプションは必要ありませんでした.値段も高かったし….まあ後の祭りですね.しようがない.10,000円かけてメモリを1.5GBに増やしたと考えれば良いでしょう.金額的にはちょっと痛いですが(-_-;


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。